ものものブログ

ものものブログ

買ってよかったもの、毎日の生活の向上、デジタルガジェットについて、たくさんの写真で紹介するブログです。

【安心安全なケトル】わく子さんが実家に住み着いていました。

f:id:joko0108:20180506212256j:plain

電気ケトルって生活に欠かせないくらい便利ですよね!

これまで僕の実家の電気ケトル履歴は...

  • ティファール購入→壊れた
  • またもやティファールに買い替え→壊れた
    (僕がタイガーをお勧めしたのに!)
  • さらにティファールに買い替え→壊れた
    (僕がタイガーをお勧めしたのに!!)
  • ついにタイガーに買い替え!←イマココ
    (ほらほら、やっぱいいでしょ!!!)

僕がタイガー魔法瓶の電気ケトルをおすすめしまくったのに「ティファールの方が軽いから〜」と断固拒否され続けていたのが、ついについに我が母もタイガー派となりました。(...勝った!)

僕も大学の時に購入したタイガー魔法瓶の電気ケトルを8年間使い続けているのですがまだまだ不具合は出ていません。(逆にティファールの故障の頻度が多すぎる気が...。母よ、どんな使い方してたんだ)

 

というわけで、今回は僕の実家からタイガー魔法瓶の電気ケトルについてお送りします。

蒸気レスわく子 のここが良い

f:id:joko0108:20180506212257j:plain

こちらが新しい電気ケトル「わく子」

このネームセンス凄くないですか?

近年は「スチームレスケトル」とか「TK-01W」のように型番だけで表現するのが多い中、わく子という日本的なお名前で...愛情まで湧きますね!

そんな名前はさておき、どこが良いのかというと...

  • 倒れても溢れない
  • 本体周りが熱くならない
  • 魔法瓶構造で保温性がある
  • 沸騰時の蒸気が出ないので安心
  • 細く注ぎやすいので珈琲を淹れるのにも使える
  • 蓋がフルオープンになるので注水しやすい、洗いやすい。
  • デザインがシンプル

電気ケトルを欲しているならベストバイです。

僕の東京の家にある8年前の旧型「わく子」は蒸気も出るし、普通の形状の注ぎ口だし...うーむ新型が欲しくなりました〜!今のが壊れたら新しい「わく子」を連れてきたいと思います。

※600mlと800mlサイズが販売されていますが、カップラーメンとお茶を作ることを考えると800ml一択でしょう!

実家のケトルの考察

f:id:joko0108:20180506212301j:plain

上部のスイッチをカッチンと押しておくと...

f:id:joko0108:20180506212259j:plain

万が一倒れてしまっても熱湯がドバーっと出ない安心設計。小さな姪っ子たちが良く遊びに来る実家にとっては結構重要な機能なのです。

また、カーペットの上に置いておいて、謝って蹴飛ばしてしまった時にも安心。魔法瓶のように保温性があるので、本体だけ近くに置いておきたい時って結構ありますし。

 

さて、ここまでの写真でお気づきでしょうか。

f:id:joko0108:20180506212302j:plain

隠れミッキーがいたことを!

(母による工夫)

f:id:joko0108:20180506212303j:plain

わく子の蓋はパカっと外すことができます。

f:id:joko0108:20180506212305j:plain

再度つける時にどっちがどっちかわかりづらい。うん、たしかに分かりづらい。

「ボタンが前」と覚えれば良さそうですが、形状が左右対称で確かに悩みます。

f:id:joko0108:20180506212306j:plain

というわけで、このミッキーシールを目印にするわけです。

f:id:joko0108:20180506212308j:plain

なるほど、これなら迷いませんね!

以上、母の知恵袋でした。

f:id:joko0108:20180506212309j:plain

感心したのがアップデートされていた注ぎ口。よく見ると線が入っています。

f:id:joko0108:20180506212311j:plain

これのおかげでチョロチョロと注ぐことができるので、コーヒーを淹れる時にも美味しくできるというわけです。

f:id:joko0108:20180506212313j:plain

ちゃんと傾ければジョジョジョーと普通に出すことも可能ですよ!

まとめ「安全、安心、使いやすい」

f:id:joko0108:20180506212255j:plain

今お使いの電気ケトルに不満を感じている方は参考にしてみてください。

おまけ

f:id:joko0108:20180506212314j:plain

稀に玄関に現れるコイツ。

これが実家の書き置き手段のようです。

f:id:joko0108:20180506212316j:plain

当たり前の用にメモって、頭にポンッと貼り付けている様子がシュールでした。