ものものブログ

ものものブログ

買ってよかったもの、毎日の生活の向上、デジタルガジェットについて、たくさんの写真で紹介するブログです。

【叙々苑ランチに行ってきたレポート】実は飲み会代くらいで満喫できるのです!

f:id:joko0108:20190116180106j:plain

憧れの叙々苑。僕みたいな庶民では行くことができないと思っていました。

...でも行ける!

ランチなら飲み会と同じくらいの値段で美味しいお肉を堪能できるのです。

今回は「初めての叙々苑ランチ」の様子をお伝えします。

憧れの叙々苑ランチ

  • 奥さんの誕生日(の翌日)にちょっと食事に連れて行ってあげたい。
  • フレンチやらイタリアンはちょっと飽きてた。クリスマス→年末おつかれ→年始おめでとう→僕の誕生日→奥さんの誕生日...と豪華な食事ウィークが続いていました。
  • これまで行ったことないところにチャレンジしたかった。
  • いつか叙々苑行ってみたかった。
  • 行ってみようか!→軽く調べたところ1人1.5万円以上になりそうなことが発覚。
  • そしてリーズナブルなランチタイムがあることも発覚。

というわけで、お昼の叙々苑に行くことにしました。

ちなみにリーズナブルというのは「ディナーメニューに比べてリーズナブル」という感じで、1人4〜5千円くらい。そのへんの店と比べたら高いけど、叙々苑なら安い。

飲み会に行くくらいで美味しい焼肉が満喫できます!

後述しますが...

  • 良い席を確保するなら1ヶ月以上前にネットから予約しておくのがオススメ。
  • 予約が無くても、オープン直前から店頭に到着しておけば休日でも入店することができます。
  • 詳しいことは行くお店に電話で聞きましょう。

横浜の叙々苑に行ってきた!

f:id:joko0108:20190115153045j:plain

今回訪れたのは横浜の「叙々苑 横浜スカイビル28」。GoogleMap

横浜駅の真ん前のマルイの隣のビルです。

f:id:joko0108:20190115153046j:plain

オフィス用っぽいエレベーターに乗って28階へ!

f:id:joko0108:20190115153047j:plain

どきどき。

f:id:joko0108:20190115153054j:plain

到着したのがこのフロア。高級なレストランが並ぶフロアです。

f:id:joko0108:20190115153053j:plain

フロアのど真ん中に階段あるぞ。なんか緊張する。

f:id:joko0108:20190115153048j:plain

28階ということで、見晴らしもバッチリでした。

f:id:joko0108:20190115153049j:plain

f:id:joko0108:20190115153050j:plain

この日の叙々苑は11時オープン。

予約をしていない僕たちはオープン前に到着するように来ました。10時50分、まだシャッターが閉まっています。

f:id:joko0108:20190115153055j:plain

待っている間に昔の記憶が蘇ってきました。僕が小学生のころ、うたばんでタカさんが言ってた。「叙々苑ー叙々苑!」って。よくわかんなかったけど、なんかそこだけ覚えてる。

f:id:joko0108:20190115153051j:plain

開店まであと5分。メニューを見て考えよう!

ランチのランクは色々ある

f:id:joko0108:20190115153052j:plain

気になるランチメニュー

  • 焼肉ランチS 2,500円
  • 焼肉ランチA 3,500円
  • 焼肉ランチB 4,500円
  • 焼肉ランチC 5,800円
  • ビビンバ肉重ランチ 1,800円

※ メニュー、値段は店舗によって若干異なります

焼肉ランチにも4種類ありまして、それぞれ肉の種類が違います。

「ここは迷わず、焼肉ランチで一番安いSで!」と思うけど...

f:id:joko0108:20190115153056j:plain

焼肉ランチ[S]は成型肉。

これはこれで美味しいんだろうけど、せっかく叙々苑に来たんだから成形されていないお肉であるAランチ以上にしましょう!

ちなみに僕たちはAとBランチを注文しました!

f:id:joko0108:20190115153057j:plain

無事に席につくことができて一安心。

予約をしていなかった僕たちはオープンと同時の11時入店。「席は12:30までの利用でお願いします」とのことでした。(たぶん「13時からこの4人用テーブルの予約が入っているのでそれまでなら使っていいですよー」ってことだったんだと思う)

f:id:joko0108:20190115153058j:plain

ランチにはドリンクが付いてきます。本日のソフトドリンク(この日はカルピス)、コーヒー、ウーロン茶から選ぶことができました。

f:id:joko0108:20190115153059j:plain

油と匂いがつかないように布を掛けてくれました。着てきたコート、スーツケースにまで...さすが高級店のおもてなし。

早めに予約して窓側を確保したい!

f:id:joko0108:20190115153100j:plain

今回は予約なしで訪れたのですが、横浜叙々苑は窓側の席があります。

f:id:joko0108:20190115153105j:plain

二人並んで景色を見ながら食べられる。いいなぁ〜!

f:id:joko0108:20190115153048j:plain

28階なので窓からはこんな景色を見ることができるんですね!次はしっかり予約して来店したい。

f:id:joko0108:20190115153126j:plain

「まだかな。まだかな〜!」

f:id:joko0108:20190115153101j:plain

待っている間にお土産パンフレットを見てみると...100g2000円の牛肉。食べたこと無いけど美味しそう。

f:id:joko0108:20190115153127j:plain

ほとんど待つことなく料理が到着しました!

これが叙々苑ランチ!

f:id:joko0108:20190115153102j:plain

一気に運ばれてきたランチセット。上の写真はAコース。

  • 漬物盛り合わせ
  • サラダ
  • ナムル
  • 焼き物
  • スープ
  • ライス

焼き物は「カルビ焼、赤身ロース焼、エビ焼」です。

Aよりも1000円高いBコースになると、赤身ロースの代わりに特選ロースにグレードアップするってわけです。

ご飯は大中小サイズを指定できます。

f:id:joko0108:20190115153103j:plain

f:id:joko0108:20190115153110j:plain

叙々苑ドレッシング美味しかった。塩ドレです。

f:id:joko0108:20190115153109j:plain

こちら有名なキムチ。

f:id:joko0108:20190115153115j:plain

f:id:joko0108:20190115153112j:plain

わかめスープは普通のスープ。家でマグカップで飲むわかめスープと同じ味でした。

BコースとCコース1つずつ注文してシェアがオススメ

S,A,B,Cとランチがあるので迷いますよね。

僕としては BとCを注文して、わけっこするのがおすすめです。

(2人で行って、どちらも脂の旨味が苦手ならBとBでも良し。)

なぜならば、

  • Cセットの「特選ロース」は肉の旨味脂ジュワーッでめっちゃ美味しい。
  • けれど2切れがちょうどいい。
  • 4切れ食べると口の中が脂っこくなってしまって、美味しさの感動が減少してしまう。

と思うのです。

f:id:joko0108:20190115153108j:plain

↑こちらがBコース。Bでも十分霜降りで美味しいよ!左がカルビ、右赤身ロース。

f:id:joko0108:20190115153106j:plain

↑こちらがCコース。

f:id:joko0108:20190115153107j:plain

上にある4枚が特選ロース。

見ての通り、半分以上が脂(脂といっても美味しい脂!)なのです。口に入れるととろけるやつ。

 

そんなわけで、BとCのシェアがオススメ。

いただきまーす!

f:id:joko0108:20190115153118j:plain

よだれを垂らしながらブログ用の写真を撮っていました。

もう待ちきれないので焼いていきましょう。

f:id:joko0108:20190115153119j:plain

これが特選ロース!!!!!

f:id:joko0108:20190115153120j:plain

焼きすぎないように夫婦ふたりで目を釘付けにして焼きました。

f:id:joko0108:20190115153114j:plain

叙々苑のタレにちょいと付けて...

f:id:joko0108:20190115153122j:plain

パクリ。

f:id:joko0108:20190115153123j:plain

「わーーー!旨味がじゅるって溶け出す〜〜〜〜!」

久々にとろけるお肉を食べることができて至福の表情。

f:id:joko0108:20190115153116j:plain

カルビだって間違いなく美味しい。だって叙々苑だもの。

f:id:joko0108:20190115153125j:plain

「うわぁ〜!むふふふ」

人は美味しいものを口にすると笑い出すのです。

f:id:joko0108:20190115153104j:plain

ゆっくり味わいながら1時間くらいかけてごちそうさま。最高でした!

f:id:joko0108:20190115153121j:plain

「さて、満腹になったし、お会計をー」と帰ろうとしていたら店員さんが「デザートがありますので...」と。

お肉に満足して忘れてた。デザートは杏仁豆腐でした。

まとめ「憧れの叙々苑、ランチなら行けるよ!」

f:id:joko0108:20190115153124j:plain

普通の焼肉店のディナー料金くらいで、叙々苑のランチが食べられるんです。

これは行くしかないですね!

いい席でゆっくり食べたければ叙々苑公式HPから事前予約を、または予約無いけど行きたくなった場合はオープンと同時に来店しましょう!

 

以上「行ってみたかった叙々苑ランチを楽しんできたよ」というお話でした。

OsmoPocketのマウントをGoProマウントで自作してみた!

f:id:joko0108:20190113010349j:plain

先日購入したOsmoPocketに「転ばぬ先の杖」的なマウントを自作しました。

  • 外出するときに使うことが多いOsmoPocket。
  • 発売当初は純正アダプタが買えなくて困った。
  • そのまま握っていると、手から滑って落下させてしまいそう。

うん。とりあえず、手元にあるものでなんとかしよう!

自分でマウント部品を作ることにした

f:id:joko0108:20181225004756j:plain

OsmoPocketには引っかけるところがないため、そのままではマウントできません。

f:id:joko0108:20190107010758j:plain

で、クローゼットの段ボールの中を探したら、こんなの見つけました。

こちらは4年前くらいに買った中華アクションカメラ。京都大阪旅行に行ったときにはおせわになりました。

写真右側に写っているのはそれに同封されていたアクセサリーです。

 

今や1万円以下で4K対応のもあるんですよね。時代の流れによる進歩はすごい。とにかくこういうのに付いてきたポールマウントを使います。

アクションカメラが不要ならGoProのアクセサリーだけ入手も可能です。フルセットでお買い得。

そのままでは使えない

f:id:joko0108:20190107010759j:plain

本来このアダプターは自転車のハンドルなどに取り付けるためのもの。鉄棒を挟む部分にOsmoPocketを取り付けたいのですが、太いので挟むことができません。

f:id:joko0108:20190107010800j:plain

Maxまで開いてもこの大きさ。このままだとどう頑張ってもムリ。

f:id:joko0108:20190107010801j:plain

ネジ部品の長さがこれだけしかないのでどうしようもありません。

だったら、これを取り替えることにしようじゃないか。

ホームセンターでネジを入手

f:id:joko0108:20190107010756j:plain

ホームセンターのネジ売り場で「これかなー?この長さならいいかなー?」って20分格闘して買ってきました!

その中でもネジの延長に必要なのは以下の2つです。写真の両端に写っているやつ。

  • M5 ステンちょうナット
  • M5 30mm ステン六角ボルト

 それぞれ150円くらい。M5というのはネジのサイズを表しています。

f:id:joko0108:20190107010802j:plain

こんなやつね!「ちょうナット」を使うことで、外出先でも指でネジを締められるってわけです。

f:id:joko0108:20190107010803j:plain

はめてみました。いい感じ!

f:id:joko0108:20190107010757j:plain

あとはOsmoPocketに傷を付けないためにスポンジを取り付けておきましょう。スポンジに同じくホームセンターで100円程度で買えます。

f:id:joko0108:20190107010805j:plain

適当な長さに切断します。

f:id:joko0108:20190107010806j:plain

ふわふわを内側に取り付けたら完成!

f:id:joko0108:20190107010807j:plain

こんな感じになりました。

あっという間に完成した

f:id:joko0108:20190107010811j:plain

ピッタリサイズ!

f:id:joko0108:20190107010810j:plain

ネジをキツく締めておけばアダプターからOsmoPocketが抜け落ちることはありません。実際1ヶ月くらい使っているけど大丈夫でした。

f:id:joko0108:20190107010812j:plain

これでGoProのマウントがつけられるようになったので、三脚用マウントを接続すれば三脚にだってつけられる!

三脚とかにつけなくても、出っ張りができたことで手持ち時のホールド感が格段に上がりました。やったね!

ネックマウントしてみたかった

f:id:joko0108:20190107010754j:plain

GoProだと首から掛けるネックマウントってあるじゃないですか。あれをやってみたくて試してみることにしました。こちら、プロトタイプ。

f:id:joko0108:20190107010813j:plain

三脚用のネジを通すことができる穴を開けて...。

f:id:joko0108:20190107010814j:plain

取り付けました。あとはこれに紐を取り付けて首から掛けるだけ。

OsmoPocketのジンバルが最強なので、本体が傾いても録画している動画は水平を保つことができます。つまり、どうにかして胸の前に構える事ができればOK!

f:id:joko0108:20190107010815j:plain

デーン!こうなりました。

思ったより前に出ていて目立つ。

f:id:joko0108:20190107010816j:plain

「...。うん、やっぱ違和感あるね」

ダンボールの代わりに透明のアクリル板で作ろうかと思っていたけど、そういう問題ではない違和感のように思いました。

これで公園とか観光地とかは歩けない...。

却下。また今度代案を模索することにしよう。

まとめ「サードパーティ製の発売されてた」

f:id:joko0108:20190113013322j:plain

今回のマウントを作ったのは一ヶ月くらい前。

今調べてみたら、サードパーティ製(非純正)のOsmoPocket用アクセサリーがいくつも販売されていました!

これでよかったのかも。

いやいや、購入当時はなかったんだから作った甲斐はあったよ。うん、あったよ!

以上、OsmoPocketにGoPro用マウントを取り付けられるようにしたお話でした。

www.monomono-blog.com

ウクレレを買いました!今年初めてのチャレンジ

f:id:joko0108:20190110013434j:plain

寝る前のちょっとした時間。

テレビは消そう。PCも閉じよう。

それでお風呂あがりにソファーに腰掛ける。ウクレレを弾きながら好きな歌を口ずさむ。「いつも歌ってるから、私も覚えちゃった」なんて奥さんにそう言われたり。

そんな優雅な時間をすごしたいー!!!

 

ということで、買っちゃいましたウクレレ!

完璧な演奏ができるようにならなくても、童謡の伴奏ができるくらいになりたい。

いつか、やってみたかった

f:id:joko0108:20190107010748j:plain

映画の中でギターを弾き語りをしているシーンがあったり、街中で演奏している人に出会ったり、Youtubeのおすすめに表示されたり...。

「楽器を弾きたいなぁー」と思う誘惑は至るところに。

 

そのたびに検討していました。

「よしっ。なんかチャレンジしてみるか。じゃあ何を?」

  • 手軽なピアノ?僕の奥さんはスラスラ弾ける。後追いしてるとモチベーション下がりそうだから他のがいい。
  • 身近なギター?記憶がある。中学2年のころの記憶。憧れて買ってみたものの数週間で挫折したんだよね。どう考えても抑えられえないFコードっていうやつがあったことを覚えてる。
  • 憧れのバイオリン?演奏どころか綺麗な音さえ鳴らすことができず終わりそう。試しに弾いてみるために数万円は無理だよなぁ。

曖昧な気持ちのまま楽器店に行ってみて、壁に飾られているギターの弦を人差し指で抑えてみて「うん、やっぱ無理だよね」って。

楽器の値段を調べて、Youtubeで弾き方を調べて、買うか始めるかを検討...その結果「やっぱどうせ無理だよね」って諦めていました。

やってみたいけど、たぶんできない。

それでも「いつか」演奏ができる楽しみを味わいた買ったのです。そう、いつか。

きっかけはお正月

帰省した実家から15分の場所ある祖父母の家。

そこで始まったのは、従姉妹たちによる演奏会です!

f:id:joko0108:20190110153121j:plain

小4の子はお琴。教室に通っていて、漢字で書かれた謎の紙(楽譜)をみてスラスラと弾いています。

f:id:joko0108:20190110153126j:plain

別の小4の子によるアコースティックギター。しかも外国人の先生に英語で教わっているらしく弾き語りの歌詞も英語。すごい。

f:id:joko0108:20190110153130j:plain

中3の子は合唱コンクールで伴奏をしたらしいし、幼稚園の子だって覚えたての「猫踏んじゃった」を楽しそうに演奏してる!

 

「これだけ演奏見ちゃったから、帰りにギター買っちゃうね〜!」

なんて冗談を言って笑っていました。

 

ちなみにこの日、僕もチャレンジしました。

2ヶ月前の結婚式で奥さんと連弾したOver the Rainbowを弾くことに。式当日はほぼノーミスで弾くことができたこの曲だったのに...。全く覚えていない。

あれだけ練習した曲なのに、期末試験直前に丸暗記した勉強みたいに、ぜ~んぶ消え去っている。

 

これが詰め込み教育の結果か。うーむ、もったいない。

突然のウクレレデビュー

f:id:joko0108:20190110153136j:plain

岐阜から東京に戻った日、ショッピングモールに行った僕は、吸い込まれるように楽器店へ。

バイオリンと、アコースティックギター、ウクレレ、僕ができるのはあるのか?10分ほど悩んだけれど一旦保留。家へ帰って冷静に考えることにしました。

 

そして翌日。

午前中から家の近くの楽器店へ!

  • ネットで買おうとしていたのは1万円以下のノーブランドお試しウクレレ。
  • 店頭にある一番安いものは1.8万円。

しかも同じ物をネットで買えば数千円安い。

やる気がある今買うべきか、ネットで安いものを買うべきか。

そう悩んでいると、隣にいた奥さんが背中を押してくれました。

「買っちゃえばいいじゃん!」

そうだよね、そうだよね!

そしてさらにもう一言。

「『ウクレレ 東京 捨て方』で検索しとくね 笑」

おいおいっ!

もう勢いで買っちゃおう!

f:id:joko0108:20190107010741j:plain

こうして念願のウクレレをゲットしたわけです。

f:id:joko0108:20190107010744j:plain

Famousというお名前。有名なブランドらしい。

f:id:joko0108:20190107010746j:plain

f:id:joko0108:20190107010745j:plain

FS-1というモデル。しかもMADE IN JAPAN。

「半世紀以上のロングセラーを誇る老舗ブランド」らしいです。

昔ギター挫折した

高校生の頃、エレキギターを買って一週間で挫折した過去がある僕。

あのときはなんで挫折したんだろう?

  • 下手な練習音が大きく響く。しかも実家。
  • 音が大きいから夜間に練習し辛い。
  • コードが覚えられない。
  • 弦を抑える指が痛い。
  • 曲として楽しめなかった。
  • 憧れて買った楽譜が初心者には難しすぎた。

そもそもエレキじゃなくて、アコースティックギターならもっと続いたのか?それとも楽器に触れて挫折したことで満足してしまったのか...?

とにかく今回はある程度のところまで弾けるようになりたいですね。

習慣化できたら上手くいきそう

f:id:joko0108:20190107010743j:plain

最近読んだ本「ぼくたちは習慣で、できている。」で学びました。

  • 習慣にすることができれば上達する。
  • 意識しなくてもできる...という状態が「習慣」ということ。練習しなきゃ!って思っているうちは習慣じゃない。
  • 簡単な事を毎日継続してみる。「2日に1回やろう」だと、今日はやるのかやらないのか?という無駄な手順が増えるからNG。
  • 毎日続けるには、やることのハードルを下げる。ウクレレを手に取って、ポロリーンって一回鳴らすだけが目標でいい。気分がノッたらさらに数分弾いてみよう!

 

つまりこれが僕の目標!

毎日ウクレレに触れる。10秒でもいいからポロリーン♪する。

単純!

初日の様子

f:id:joko0108:20190107010749j:plain

ウクレレと一緒に本を2冊買ってきました。

1冊目は奥さんに選んでもらった一番簡単そうなやつ。

f:id:joko0108:20190107010751j:plain

上手な演奏より、簡単に弾けて歌って楽しめることを重視した本。楽譜も簡単読みやすい。

買ったその日に4つのコードを覚える。それだけで僕でも弾き語りができました。

楽しさを感じられて、やる気がでるでる!しかもYouTubeにお手本解説動画が上げられているから、ウクレレ教室に通っている気分になれる。

 

2冊目は「ソロウクレレ」が弾けるようになる本。伴奏だけじゃなくて、歌部分も同時に弾くという難易度高めのやつです。

f:id:joko0108:20190107010750j:plain

この本でいちばん簡単な曲でも初心者には十分難しい。押す場所はわかっているのに、指が動いてくれないのです。

f:id:joko0108:20190107010752j:plain

生まれて初めてした手の形。

でも、楽しい!

f:id:joko0108:20190107010747j:plain

なぜか弦が緩む。壊れたのかな?と思ったら、ここにあるシルバーのネジをドライバーで締めるだけで直りました。こうやってひとつずつ学んでいきますね。

まとめ「ちょっとずつレベルアップしていくぞ」

f:id:joko0108:20190107010753j:plain

ウクレレに慣れる。今回の本の最初の曲を詰まることなく弾けるようになる。

まずはこれを目標にするぞ!

しかし弦を押さえている指がヒリヒリ痛い。しばらく続けると皮膚が硬くなっていい感じに押さえられるそうなので、それまでは頑張ろう。

 

新しいことを始めるのって楽しい!!!

salut!で500円で買える小物ポーチがすごく良い!松本セイジさんのイラスト入りポーチ。

f:id:joko0108:20190107154732j:plain

このイラストめちゃめちゃ可愛い。このタッチどこかで目にしたことがありますよね!

 

休日にショッピングモールを歩いていたとき、何やら視線を感じたんです。

店内を覗いてみると...商品棚からこちらを見ているイラストがあるではありませんか!!!

思わず駆け寄って、速攻で購入してきました。

ミニサイズポーチがたったの300円。安い。安すぎる。

 

このイラストを手がけたのは、松本セイジというアーティストさんです。

名前は知らなくても、電車内の広告や、本の表紙、グッズなどでこの真ん丸な目のイラストを目にしたことがあるはず...!

www.instagram.com

この絵のタッチと配色。僕はめちゃめちゃ好きです。惚れる。

こんなに安くていいんでしょうか? 

f:id:joko0108:20190107010731j:plain

二つのポーチを買ってきました。その名もIJINポーチ!

  • モーツァルト
  • シューベルト
  • バッハ
  • ベートーベン

がロックバンドを結成したら...というモチーフのイラストです。ロゴからして、Beatlesのオマージュっぽいですね!

大きいほうが500円、小さい方が300円と激安。

salut!には他にもマグカップやペンケース、スマホカバーも販売されています。どれも500円ほどで安かったです。

詳しくはこちら→ 公式「SEIJI MATSUMOTO × salut!」コラボアイテム発売

ポーチはこんなかんじでした

f:id:joko0108:20190107010738j:plain

大きい方のポーチはミラーレスカメラが入るくらいの大きさです。

f:id:joko0108:20190107010737j:plain

f:id:joko0108:20190107010736j:plain

どちらも内ポケットが付いています。

f:id:joko0108:20190107010739j:plain

小さい方のポーチには、僕がいつも持ち歩いているAnkerのモバイルバッテリーもすっぽり!

(シューベルト、すごくいい表情してるっ)

f:id:joko0108:20190107010740j:plain

内ポケットには充電時に使うUSBケーブルでも入れておきましょう!

シンプルな作りなので何かと使いやすいポーチです。カバンの中で散らばりやすいモノをとりあえず突っ込んでおけば片付くこと間違いなし。 

まとめ「品切れ前にゲットしよう」

f:id:joko0108:20190107010735j:plain

企画物の商品なので、しばらくしたら品切れになる可能性があります。このイラストが好きなら早めにゲットしましょう!

 

【おまけ】

f:id:joko0108:20190107144953j:image

このブログのキャラクター「ものものひつじ」も真ん丸な目にしてみた。うん、なんか違う。全然違う。

これは単なるラリったひつじ。

 

というわけで、雑貨屋salut!で買ってきたお気に入りポーチの紹介でした。

奥さんの実家、栃木で過ごした年末フォト!

f:id:joko0108:20181231112012j:plain

明けましておめでとうございます!

ものものです。今年もどうぞ宜しくおねがいします。

 

「いつもと違う今回の帰省!」

...ということで、あけおめメッセージだけで終わってしまうのは寂しいので、2019年1個目の記事は帰省の写真から始めることにしましょう!

 

結婚して最初の年末年始ということで、

  • 12月末から元旦までは奥さんの実家(栃木県)
  • 元旦からの数日間は僕の実家(岐阜県)

で過ごしています。奥さんの実家で初めての宿泊はドキドキでした。

 

これを書いている今日は2019年1月1日。ちょうど栃木から岐阜への大移動中。

奥さんの地元に行ってきた!

f:id:joko0108:20190101113616j:plain

新宿駅から電車にのること約90分。

f:id:joko0108:20190101113617j:plain

栃木県の石橋駅というところに到着しました。

石橋駅から車で20分位行ったところに奥さんの実家がある真岡(もおか)市があります。

f:id:joko0108:20190101113615j:plain

最寄り駅まではお義母さんに迎えに来てもらったけど、挨拶に行った以来の実家訪問で緊張気味の僕でした。

f:id:joko0108:20190101113618j:plain

夕焼けが綺麗。ちなみにこの日は12月29日。

家について夕飯をいただいて、ゆっくり過ごすことができました。

f:id:joko0108:20190101113625j:plain

「こんなに寒いのに散歩いくんんかぁ〜はっはっはっ」とお義父さんから声を掛けられながらも「せっかくだから夜の散歩をしにいこう!」ということで、奥さんと二人で21時に最寄りのコンビニへ。

夜のフォトウォーク

f:id:joko0108:20190101113626j:plain

今二人で住んでいる東京よりも暗いのはもちろん、僕の地元の岐阜市よりもずっとずっと暗い。シーンと静まりかえる空気。

f:id:joko0108:20190101113624j:plain

ポツンポツンと立っている街頭の間は手元が見えないくらい真っ暗でした。

二人で歩いていると、奥さんの思い出が蘇ってきたようで...

「高校生のころ、学校終わりに友達と遊んで帰りが遅くなると怒られたんだよー。あの頃は暗くても無敵だと思っていたけど、大人になった今歩くと『こんなに暗かったんだ。そりゃ危ないよね』って分かる。」

なんていう話をしていました。

おとなになったね!

f:id:joko0108:20190101113619j:plain

この日はボンネットに霜が降りているほど、特に冷え込んだ夜。ダウンとマフラーで防寒したけど、足の指が凍りそうでした。

f:id:joko0108:20190101113627j:plain

ゆっくりと歩くこと10分くらいでコンビニに到着。店内から漏れる光はオアシスですね!

f:id:joko0108:20190101113628j:plain

冷えてきた体を温めるためにカフェラテをひとつ買ってコンビニの前で分けっこ。冷えた体にはめちゃめちゃ美味しい。

f:id:joko0108:20190101113629j:plain

そうそう、家を出発するときにこの首掛けライトをお義父さんが渡してくれました。

「そんなの要らないってー」と言う奥さんに対して「せっかく出してくれたから一応持っていこうよ」くらいの気持ちで受け取ったけど、これは持っていってよかった!

足元を照らすというより、自分の存在をアピールするという意味で、人の少ない暗闇の中を歩くときには必須ですね!

年末年始は酔っぱらい運転の車が細道を駆け抜けていくかもしれませんし。人通りのない道だと車が猛スピードで駆け抜けていくかもしれませんし。

f:id:joko0108:20190101113620j:plain

うまく撮れなかったけれど、綺麗な星空も見ることができました!

翌日は真岡駅へ

f:id:joko0108:20190101113621j:plain

真岡鐵道、蒸気機関車SLの走る町として有名なのです。

f:id:joko0108:20190101113631j:plain

無人改札なので、きっぷを買わなくてもホームに行くことができます。

f:id:joko0108:20190101113632j:plain

1時間に1本程度の観光列車。分単位で運行している都内のダイヤに慣れていると、こういうのがなんだかすごく新鮮で楽しい。

f:id:joko0108:20190101113630j:plain

手前のホームから歩道橋で隣のホームへ渡ってみることにしました。

f:id:joko0108:20190101113622j:plain

人の気配が無い駅の通路。光と陰のいい雰囲気でてるー!

f:id:joko0108:20190101113613j:plain

逆側で待っていてくれた奥さんによる記念ショットです。

今回は時間が無くてSLには乗れなかったけど今度来たときには載ってみたいな!

f:id:joko0108:20190101113623j:plain

f:id:joko0108:20190101113633j:plain

SL以外にスイカ柄の電車も走っています。この日は1両車両でした。

(なかなか電車が来ないので諦めて駅を離れた後に電車が来た。なのでこんな位置からの写真。ぐぬぬ)

益子焼を買った

f:id:joko0108:20190101113634j:plain

真岡市の隣町、益子(ましこ)町です。

陶器が有名で、年に2回は陶器市が開かれることで有名な町。

お義父さんの運転で、連れて行ってもらいました。

益子にはたくさんのお店が並んでいるのですが、この日は大晦日だったのでほとんどの店はお休みでした。

f:id:joko0108:20190101113635j:plain

わずかに開店していたショップで茶碗を選んでお土産として購入。

陶器市は道が埋まるほどの出店があるそうなので、次回の陶器市にはぜひ訪れたい!!

f:id:joko0108:20190101113614j:plain

新年のご挨拶のような、奥さんの地元でのフォトウォークのような記事から始まった2019年のものものブログ。

 

今年も楽しく「ものものブログ」を続けていきますので、どうぞよろしくお願いいたしますー!

f:id:joko0108:20190101162249j:image

以上、栃木から岐阜へ向かう東海道新幹線から元旦にお伝えしました!

簡単に作れるアイキャッチのデザインと、その作り方をまとめました!

f:id:joko0108:20181230110324j:plain

ブログ記事を見たときに最初に目に入るのがアイキャッチ画像。アイキャッチでブログの第一印象が決まると言っても過言ではありません。「本文中にも綺麗な画像載っていそうだな」「画像編集とかできる人が書いているんだろうな」みたいな!

このブログではできるだけアイキャッチ画像を作るようにしているのですが、いざ作ろうとなると「どんなものを作ろうか...?」と毎回迷ってしまっている僕。

できれば短時間で効率よく作成したい!

というわけでいるので、この記事ですばやくアイキャッチ画像を作る方法をまとめておくことにしました。 

  • 簡単に作ることができるアイキャッチのパターンをまとめる。
  • これにより、今後悩みすぎず作成することができる。
  • 30分以内でアイキャッチ画像を完成させることができる。

これを目指すことにしましょう。

特にアイキャッチに入れる文章はいつも迷うので、いくつかパターン化しておきたいと思います。次からはこのページを見返せばOK!

目次

アイキャッチってなに?

f:id:joko0108:20181229230446j:plain

アイキャッチ画像とは...記事を開いた時に一番上に表示している画像です。

(「ブログヘッダー」とか「ブログサムネイル」とかって呼ばれることもあります。厳密には違うけど)

最近このブログのアイキャッチはというと...

f:id:joko0108:20181230110726j:plain

うん、シンプルなやつばっか!でもこれでいいんです。

だけど、画像一枚に何時間もかけられない

ブログ記事も書く必要があるし、ブログ本文中の画像編集もある。さらに家事もしたい!そうなってくるとアイキャッチ画像の作成に何時間もかけていられません。

「短時間で、それっぽい、ちょい良いアイキャッチをつくりたい!」

完璧じゃなくてもいい!でも毎回続けていたらきっとアイキャッチ作成技術力が向上していくはず。うん、きっとそうだ。

ということで、今回は...

  • 単純な図形だけ使う。
  • いい感じに文字を使う。

をポイントとして、それっぽいアイキャッチ画像を作ってみましょう。

作る順番は以下の流れで行います。ちゃちゃちゃーっと進められるようになるといいですね。

  1. アイキャッチ画像に含める文章を決める。
  2. 文章量によって、アイキャッチのデザインパターンを選ぶ。
  3. アイキャッチに使う写真を用意する。
  4. 素材を配置する。
  5. 色合いや位置を微調整する

今後やっていって、もっと効率化できそうなら変えていこう。ひとまずこれをベースにしてやってみよう。

ここからはそれぞれの作業について詳しく紹介します。

文字を決めておこう

「わかった。作ろうアイキャッチ。...で、何を書こう?」

これが結構迷うんですよねー。

僕の場合は記事のタイトルとほぼ同じことを書くことが多いです。でも毎回そのパターンだと飽きちゃいますよね。

なので、今度使えるようにいくつか文言パターンを考えました。迷ったらこの中から適当に選ぼう!

(上から考えるのが簡単な順)

  • 「Osmo Pocket」「宇治抹茶ラテ」商品名ドーン!なパターン。
  • 「地元旅」「料理修行」本文を1単語で表すパターン。
  • 「WINTER TRAVEL」「Tokyo Photo Walk」簡単な英単語を並べるだけパターン。
  • 「2000円キッチン棚DIY」「すぐできるアイキャッチ画像」記事内容の要約。...というか記事タイトルから単語抜き出しただけパターン。
  • 「今しか飲めない/スタバ限定味/を試してみた」「これさえあれば寝坊しない/痛みで起きる/新感覚目覚まし」どういう記事なのかを文章で説明パターン。
  • 「毎日の洗濯を楽にする方法/Easy Every Washing」「100 Excuse Of Overslept/寝坊の言い訳10選」英単語と、ほぼそれを訳しただけの日本語パターン。英語の間違いなんて気にしない!
  • 「3分間/すぐにできるラーメン」「冷凍庫/生ゴミの待機場所はここだ」短文ドーン!補足ちょろり
  • 「寝ていたいからこそ僕は走る。/僕がランニングを始めた理由」「一瞬のクセ、一生モノ/今すぐ直すべきあなたのクセ」キャッチコピー的なやつ+一言パターン。本のタイトルみたいな。

 

記載する文量量によって、使える配置パターンが絞られます。

f:id:joko0108:20181230111912j:plain

例えばこれはNG。記載したい文字列が長い場合は円形はあまり良くありませんよね。バランス的にも読みやすさ的にも。

パターンが決まると、それに合う配置の背景画像の位置が決まってくるのです。これを踏まえてデザインパターンを選びましょう。

簡単に作れるアイキャッチのデザインパターン

手書きですが、一気に18パターン紹介!

f:id:joko0108:20181229212631j:plain

f:id:joko0108:20181229212637j:plain

このくらいパターンがあれば飽きずに回していけそうですね。

あらかじめ決めておいたアイキャッチ内文章の量で、どのパターンにするかを絞っておいて後はフィーリングでパターンを決めましょう。決まらなければ鉛筆を転がして決めちゃいましょう!

 

手書きだと雑ですが、以前に作ってみたものはこんな感じです。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/j/joko0108/20181220/20181220155626.jpg

電源も確保できる!猫カフェ「コックンの別荘」八王子店に行ってみた。 - ものものブログ

左下に黒文字と白四角形を入れるだけでもそれっぽくなる。ファッション店舗のポスターっぽい。

編集ソフトについて

f:id:joko0108:20181230202616j:plain

使うツールはPhotoshopでもフリーソフトならGimpとかでもOK!

画像編集ツールを持っていなければ、アプリのインストール不要でブラウザ上で完結するCanvaとかでも良いでしょう。

ただ、ブラウザアプリや、スマートフォンのアプリだと痒いところに手が届かないこともあります。制作効率が悪かったり、位置の微調整や透過、マスクができなかったり...などなど。

でもまずはどのツールでも良いからやってみる。これが大事。

完成図を思い浮かべよう

f:id:joko0108:20181230082633j:plain

先程挙げた中から、今回はこのパターンを使ってみましょう。パターンはあくまでデザインの土台なので、実際に作っているうちに微調整してもいいですね。

まずは頭の中で完成図を想像します。

目を閉じてー、思い描く。

「むむむっ!これだ!」

今回は絵にしてみました。

f:id:joko0108:20181230091423j:plain

ここで複雑なものが浮かんでしまうと、画像編集のスキルと時間が必要になってきます。できるだけシンプルに考えましょう。

背景画像を準備する

このブログでは「自分で撮影した写真を載せる」にこだわっています。(写真も含めて自己表現なのだ!)

想像図からして右側を開けた写真が良さそうなので、そんな感じのを2分で撮影、3分で編集しました。

f:id:joko0108:20181230092039j:plain

これでよし!

もし、「既に撮った写真を使いたいけど、バランス悪いよなぁー」というときは、メインだけ切り抜いて使ったり、Photoshopならコンテンツに応じた塗りつぶしなんかで加工して使うことができますね!

f:id:joko0108:20181230092601j:plain

切り抜くとするとこんな感じか。

完成させるぞ

f:id:joko0108:20181230092905j:plain

最終的に使用する画像サイズで新規作成します。

僕のブログだと1700px x 900pxくらい。映画でよくある16:9。だいたいその比率です。

まずは写真を置いてみる。

f:id:joko0108:20181230093016j:plain

拡大したり位置をずらしたり、足りないところを補ったりはあとで調整しましょう。 

装飾図形を入れる。

f:id:joko0108:20181230093208j:plain

今回の場合は四角形。

たいていの場合は、四角形か円形を置いて、角度変えて、半透明とかにすればそれっぽくなります!(文字が読めるなら図形を入れなくても良いです)

文字を入れる。

f:id:joko0108:20181230093557j:plain

パターンに従って文字を入れます。

好きなフリーフォントをインストールしおきましょう。

僕は源柔ゴシックが好き。柔らかいけど読みやすい。

f:id:joko0108:20181230094507j:plain

とりあえず入力してみました。 

f:id:joko0108:20181230095522j:plain

背景の図形も調整。

f:id:joko0108:20181230100120j:plain

全体を見てみると白文字が良さそうなのでカラーチェンジ!

 

派手な色を文字に付けるのは難しいです。白や黒、パステルカラーくらいが主張しすぎず使いやすいです。

もし文字色が写真にかぶって見づらいときは、文字枠線を付けたり背景色をつけましょう!

ここまでで完成でも良いのですが...もうひと手間かけるともっと良くなる。

余裕があるならもうひと手間

ここまでをベースにして、要素を付け加えたり、画像を加工したりしてみてもいいですね。

  • 線を引いたり
  • 色を付けたり
  • 画像に柄をつけたり
  • フォントを色々試したり
  • いろんな配色を試したり

このへんは自分の編集スキルが必要になってきます。

「やってみたい」と思ったデザインを再現する方法を学びましょう。最初は時間がかかるけれど、覚えていけば次からはアレンジできるようになるはず。

f:id:joko0108:20181230100220j:plain

今回は背景のピンク図形にパターンオーバーレイを焼き込みカラーで入れてみました。 

f:id:joko0108:20181230100402j:plain

こちらが最終的な完成画像です。

写真に文字と図形を載せただけのシンプルなアイキャッチ。でもそれっぽい!

(ちなみにこの画像のハクキンカイロはライターオイルを燃料にして、一日中ずっと熱々で暖まれるアイテム。使い捨てカイロの代わりに冬の外出時にめっちゃおすすめですよ!)

まとめ「効率よく作っていきたい」

f:id:joko0108:20181230110726j:plain

さて、いかがでしょうか!

単に写真を貼るよりも、ちょっとだけ手間をかけて作ったアイキャッチを載せるとブログの質がワンランク上がったようなイメージになりますね。

最初はすこし時間がかかってしまうかもしれませんが、何度も繰り返していくうちにどんどん効率がよくなっていくので続けましょう。

 

以上「かんたんに作れるアイキャッチの作り方」のお話でした!

DJI OsmoPocketを手に入れた!試し撮りと開封をお伝えします。

f:id:joko0108:20181225004755j:plain

奥さんとカフェでコーヒーを飲んでいる時「あっ、なんか今。すごく幸せだ」って感じることがあります。ひとつのケーキを2人でわけっこしたりなんかしてね。

そんなとき、ポケットからこのデバイスを取り出して、スイッチを入れる。5秒で録画開始。えへへ〜あはは〜な時間を30秒くらい動画に残して保存しておくのです。

「平成最後の年、まだ若い頃の二人はこんな生活してたね!」っていつか見返すのが楽しみ。(その頃は羊羹と緑茶かな?)

 

誰が撮っても綺麗に撮ることができる!そんなポケットサイズのカメラを購入しました!

  • 3軸ジンバルで驚異的な手ぶれ補正。
  • しかも小さくて軽い!
  • 4K60fpsの高画質録画もできる。

ということで、今ガジェット好き界隈で話題になっているOSMO Pocketを手に入れた報告です。「オズモ ポケット」って読みます。オスモじゃないよ。オズモだよ。 

実は僕も予約して、発売日当日に手に入れていました。ドローンなどで有名なDJIが発売しているジンバル付きカメラ。期待感半端ないっ!

どんな映像が撮れるの?

こんなのが撮れます。 

注目していただきたいのはこのスムーズさ!

歩きながら片手で持って撮るだけで、プリンみたいになめらかな映像を撮ることができる。

OSMO Pocketのジンバルで常に水平を保ってくれるので、誰でも水平に、手ブレの無い映像を撮ることができるのです。

僕は映像に関する知識が全然ないので、映像構成とか、カメラの動きとか適当な撮影です。

そんな適当ショットをOSMO Pocketで撮って、iPhoneに取り込んで、帰り道の電車内で編集するだけ...これだけで簡単にこんな映像を作ることができるのですよ!

すっげー!!

※ 映像の色合いはアプリで調整してフィルムっぽく仕上げましあ。 

↑こっちは色調整なしのもの。

今年購入したガジェットで一番ときめいています!

OSMO Pocket 開封

f:id:joko0108:20181225004740j:plain

わーい!わーい!

発売前からYouTubeCMで誘惑され続けてやっと手にしたOSMO Pocketさん。

f:id:joko0108:20181225004744j:plain

今回はテンションが上がり過ぎて箱ごと公園に持ってきて開封しました!

f:id:joko0108:20181225004746j:plain

指輪の箱を開けるかのようなトキメキでパカっと開きます。

f:id:joko0108:20181225004747j:plain

そして本体!ICレコーダーほどの大きさなのにすっっごい技術が詰まってるんですね!

f:id:joko0108:20181225004758j:plain

本体の充電はUSB-Cです。 

f:id:joko0108:20181225004748j:plain

ケースは硬いプラスチック製。持ち運びの時にジンバルが傷まないようにガッシリしているんですね!

f:id:joko0108:20181225004750j:plain

付属していたストラップ。

f:id:joko0108:20181225004749j:plain

  • USB-Cケーブル
  • iPhone(Lightning)またはAndroid(USB-C)をOSMO Pocketに接続するためのアダプタ

f:id:joko0108:20181225004751j:plain

ペラペラの取説付き。

f:id:joko0108:20181225004753j:plain

躊躇なく保護フィルムを剥がします!

f:id:joko0108:20181225004754j:plain

「うぉぉぁぉおぉおー!かっこいー!」

f:id:joko0108:20181225004756j:plain

本体にはマルチ端子が付いているので...

f:id:joko0108:20181225004757j:plain

とりあえずiPhone用アダプタを取り付けました。

f:id:joko0108:20181225004800j:plain

こうやってスマホに直に刺すことで、撮影時の操作やモニター、撮影したデータの再生をスマホ画面で確認することができます。

「さっき撮影したやつをちょっと確認したいなー」という場合には、スマホ無しで本体の小さな液晶画面でも確認できるのがとっても便利。

※Wi-FiやBluetooth経由じゃなくて、直に接続です。スマホで確認するときにいちいち無線転送しなくて良いのです。

※オプションの無線ドックを買えば無線接続も可能ではあります.

 

と、ここで問題が。OSMO Pocketに入れるmicroSDを準備するのを忘れていました。

せっかく公園まで来たのに、試せないなんて...。どうしよう。

f:id:joko0108:20181225004801j:plain

急遽スマホからmicroSDを抜き取って使うことにしました。

f:id:joko0108:20181225004802j:plain

OSMO Pocketの側面に挿入します。

f:id:joko0108:20181225004803j:plain

蓋などはなく、押し込んでカチッと入れる感じ。

ここだけ不満なんだ

f:id:joko0108:20181225004804j:plain

1週間使ってみて、コンパクトさも、手軽さも、映像も満足してるんですよ!

でも不満な点がすこしだけ...。

 

「なんでストラップを本体に付けられないんですかー!」

付属していたストラップは、OSMO Pocket本体ではなくケースに付けるものでした。本体にはストラップ穴なんて無いのね。

本体が滑りづらい素材になっているとはいえ、やはり撮影中に落とす可能性はある。なのにどうして?どうして本体にストラップを付けさせてくれなかったんだい?

仕方ないので、近いうちになんらかの方法でストラップを取り付けられるようにしたいと思います。

 

f:id:joko0108:20181227162706j:plain

OSMO Pocket公式のオプション品が発表されています。

  • アクションカメラ用アダプタ
  • 拡張ロッド(自撮り棒みたいなやつ)

なのに売ってない。どうして本体の発売日に合わせて売ってくれなかったのかー。

とりあえず家にある機材でマウントできるように工夫していますが、しばらくしたらサードパーティ製の製品がAmazonに出てくると思うので発売され次第買おうと思います。

 

あと、画角の狭さはちょっと気になる。カメラを自分側に向けて2ショットで撮影しようとすると胸から上くらいが入るくらいです。iPhone7のインカメラよりもちょっと画角が広いくらい。

手を伸ばしたり、延長ロッドを使えば良いですが、広角レンズアダプターとかが出るのを期待しています。

まとめ「ハイテクカメラとして高い?安い?...安い!」

f:id:joko0108:20181225004754j:plain

  • 本当にポケットサイズ!Gパンポケットにも入れられる。
  • 軽いので常に携帯していられる。
  • モニター機能付き。しかもセルフィー対応なので自撮りもできる。
  • 本体から直接iPhoneやAndroidに取り込むことができる。
  • スマートフォンをモニター代わりにして撮影できる。
  • 手ブレ防止性能は抜群。
  • 信頼のDJI製!

デバイスとしての良さは素晴らしいものです。

ただ、お値段は多少します。会社の人からも「えっそんなするの?!」と驚かれました。

カメラ製品を所持している人にとっては大したことないんですけどね。最新のGoProだって4,5万するし、iPhoneだって10万超えですし。良いカメラレンズなんて1本で10万円超えるものも普通にあるし...!

僕としては「もし奥さんと付き合いたての頃の動画が手に入るなら何万円でも出す」と思っています。

つまりは逆に...数年後「もし、新婚の頃の思い出動画が手に入るなら、数万円だしてもいいよ!」って思うことでしょう。つまり今、OSMO Pocketを買っても問題ないと!(ちょっと強引)

使う頻度が多いならば、買った価値はあるはず。

今後も使いこなすことができるように常備して撮っていこうと思います。このブログでも動画を取り入れていきたいです。

 

以上「小さくて片手で綺麗に撮れるOSMO Pocketを買って楽しんでいるよ!」というお話でした。

すでにサードパーティ製のアダプタ売ってた...!