ものものブログ

ものものブログ

買ってよかったもの、毎日の生活の向上、デジタルガジェットについて、たくさんの写真で紹介するブログです。

【旅行に持っていくものリスト】持ち物を記録しておくと次回の参考にできて便利なのです。

f:id:joko0108:20180721154930j:plain

いよいよ沖縄への一人旅!今回の旅の持ち物グッズを大公開します! 

旅行に行くたびにメモしておこう!

僕は旅行に行くとき、持ち物リストを作っています。

持ち物リストを作っておくと...

  • 忘れ物のリスクが圧倒的に軽減する。
  • 前回の旅行での持ち物を参考にすることができるので、リストアップが楽チン。
  • 「あー。今回これ持ってたら便利だったのになー」と思ったときには「持っていけばよかった物」として同じ場所にメモっておく。→ 次回の旅行時に見て必要なら持っていくことができます。これぞ改善!

僕はEvernoteにメモっていまして...

f:id:joko0108:20180721155936p:plain

例えば去年に那須に行ったときの持ち物はこんなかんじでした。

f:id:joko0108:20180721155936j:plain

さらにさらに、4年前に沖縄に行った時の持ち物まで残っていました!こうやって見ると「そっか、薄手の長袖持っていったほうがいいな!」と思い出すことができますね。

出発の前日や当日に慌てて荷造りすることになっても、過去のリストを参考にすればすばやく準備ができるのです!素晴らしい!

今回の旅行で持っていく身の回り品

f:id:joko0108:20180721154456j:plain

まずは生活用品から!

  • 着替えのTシャツ
  • ズボン
  • 海パン(海に入るかは未定ですが一応)
  • 帽子
  • タオル
  • 速乾性バスタオル
  • ビニール袋

速乾性バスタオルは以前ご紹介したものです。薄いのに吸水性に優れているので旅行のときこそ役立つのだ!→【吹き出る汗に!乾かないロングヘアーにも!】薄いのに吸水性がいい 速乾タオルで備えよう [Trydea マイクロファイバー]

あと、大きめのビニール袋を持っていきましょう!汚れた着替えや、小物整理などいろんなことに役立ちます。使わなくても荷物にならないのでとりあえず突っ込んでおくのがおすすめです。

f:id:joko0108:20180721154505j:plain

ビッグな折りたたみ傘!

急なゲリラ豪雨はもちろん、刺さるような日差しから実を守るための日傘としても使えます。前回沖縄に行ったときには傘を持っていたおかげでだいぶ楽でした。直径116cmとそこらの長傘よりも大きく開くので、奥さんと自分がすっぽり入ることができます。

(...あ。今回は一人旅なのでした。)

f:id:joko0108:20180721154507j:plain

コンタクトの液と、どっかのホテルで持ち帰ってきた歯ブラシ。

今回はドミトリー的な安宿に何泊かする予定でして、もしかすると歯ブラシが用意してないかもしれないので持っていきます。同じ理由でタオルやバスタオルも持っていきます。(もし持っていなくても普通にコンビニなどがあるので現地調達も可能ですね!)

f:id:joko0108:20180721154510j:plain

  • メガネ
  • この前買ったロープ

ロープ(パラコード)は洗濯物を干したり、荷物を固定したり、何かに使えるかなと思って4mのものを2個突っ込んでおきました!

www.monomono-blog.com

 

f:id:joko0108:20180721154513j:plain

サングラス。僕の目は眩しさに弱いので必須です。あるとないとでは夕方ごろの目の疲れ具合がぜんぜん違います。

f:id:joko0108:20180721154512j:plain

去年買った虫よけとムヒ。沖縄の海辺とか草むらとかに行くかもしれないので念のため。

デジタル系

f:id:joko0108:20180721154453j:plain

当日の12時に家を出る予定なのに、朝起きてから洗い物とか掃除とかやっていたせいで11時から準備をし始めました。タイムリミットは60分...。綺麗に並べて写真を撮る時間なんてなかったのです!

f:id:joko0108:20180721154455j:plain

ざっくり紹介していきます!

f:id:joko0108:20180721154457j:plain

メインのカメラSONY α5100SIGMAの30mm F1.4単焦点レンズです。詳しくはまたこんどご紹介しますね!

f:id:joko0108:20180721154458j:plain

サブカメラのSONY NEX-3Nです。レンズはフィッシュアイコンバーター(魚眼)をつけていまして、とっても広く撮ることができます。

f:id:joko0108:20180721154459j:plain

魚眼コンバーターを外すとSEL16F28単焦点レンズです。(...というか単焦点レンズに魚眼コンバーターを取り付けています)

f:id:joko0108:20180721154509j:plain

今回も自撮りをしやすいようにCUBEという伸びる三脚と、くねくね三脚のゴリラポッド。さらに三脚にスマホを取り付けられるアダプターです。

 

www.monomono-blog.com

f:id:joko0108:20180721154504j:plain

レンタカーで使う予定のスマートフォンを車に固定するやつ(車載ホルダー)です。がっちり固定できてとても良いです!

www.monomono-blog.com

 

f:id:joko0108:20180721154502j:plain

GoPro...のパクリ商品と水中ハウジング。

これより性能の良いアクションカメラが9000円ほどで売っているんですよねー。僕もそろそろ買い替えかな。

f:id:joko0108:20180721154511j:plain

  • iPad Pro
  • MacBook Pro(私物)
  • MacBook Pro(会社用)
  • マウス

そうMacBookを2台も持っていくのです、こりゃ重いわけだ。

f:id:joko0108:20180721154501j:plain

  • シェーバー
  • Ankerのモバイルバッテリー
  • Theta S

ひげが生えると気になってストレスになります。しかもホテルにあるようなシェーバーは肌を傷つけて血だらけになるので、なれている電動シェーバーを持っていきたいものですね!

f:id:joko0108:20180721154506j:plain

バッテリーで動く扇風機。レビューしようと思って記事にするのを忘れていました!

f:id:joko0108:20180721154508j:plain

AnkerのUSB充電器(とケーブル多数)とMacBookの充電器。特にUSB充電器は、複数台のデバイスを持っているor複数人数で旅行するなら持っていくと役立ちますね。

充電できなきゃはじまらない!

f:id:joko0108:20180721154514j:plain

プライムデーのついでに通常価格で購入した32GBのmicroSDとSDカード。写真を撮りたいのに容量不足になるなんてあってはならぬ。

あと写真を撮り忘れたのですが、車内で音楽を聞くようにFMトランスミッターも入れした。小さいので使わなくても荷物にならないよ!

www.monomono-blog.com

 

f:id:joko0108:20180721154515j:plain

  • WI-1000X
  • Anker Soundcore Liberty Lite

一人旅なので、おそらく僕の耳にはずっと音楽が流れています。

www.monomono-blog.com

www.monomono-blog.com

 

まとめ「旅の準備はお早めに」

f:id:joko0108:20180721154516j:plain

スーツケースにパッキングした様子がこちらです。

半分ほど余裕があったので、無印良品のタオルケットを入れました。これがあれば安宿でもきっと熟睡できるはず...!

なお、スーツケースだけで13.8kgでした。重い。

f:id:joko0108:20180721154517j:plain

手荷物として、いつものバックパックにも詰め込んであります。初めてほぼMax量入れたんですが、思っていたよりもめちゃめちゃ入ります。買ってよかったものNo1候補!!

 

f:id:joko0108:20180721171127j:image

ということで、飛行機待ちの羽田空港からお伝えしました!(沖縄を直撃している台風の影響で予定より2時間遅い便に乗ります。無事に那覇空港に到着できるといいな...。)

www.monomono-blog.com

www.monomono-blog.com

www.monomono-blog.com

【猛暑日こそ完全ワイヤレスイヤホン】Ankerの新しい完全分離型イヤホンを購入しました![Soundcore Liberty Lite]

f:id:joko0108:20180720122051j:plain

真夏日 猛暑日 熱帯夜!

こんな真夏でも、僕が毎日10時間以上も使いこんでいるのが「音質とノイズキャンセリング最強のネックバンド型イヤホンWI-1000xです。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/j/joko0108/20180702/20180702234558.jpg

WI-1000Xは最高のイヤホンで間違いないのですが、真夏の太陽の下で装着したときの首の不快さに耐えられなくなってきました。→ 初夏の真夏日フォトウォーク

想像してみてください。痛いほどの日差しが降り注ぐ40℃近い昼過ぎ。頭皮からは吹き出るように汗が流れてきます。そんな状況の首にイヤホンのネックバンドが触れる不快さといったら...。

「ぐはぁぁぁぁああぁ〜!」

そんな悩みを解決するために、先日のAmazonプライムデーにて先行販売されたAnker Soundcore Liberty Liteを購入しました!

目次

Soundcore Liberty Lite

f:id:joko0108:20180720010351j:plain

モバイルバッテリーで有名なAnkerですが、スピーカーやイヤホン、最近ではロボット掃除機も展開していて、どれもコスパが良いことで有名なブランドですね。これは期待できるぞ!!!

  • 安くて使える完全ワイヤレスイヤホンが欲しい!
  • 真夏日に首や耳元にかかるケーブルが鬱陶しい!

そんな方におすすめの分離型イヤホンです。しかも6000円で購入できるのがありがたい。

f:id:joko0108:20180720010412j:plain

スペック的な特徴です。

  • Bluetooth 5.0
  • 完全ワイヤレスイヤホン
  • 一回の充電で3.5時間再生
  • ケースには最大12時間分のバッテリー内蔵
  • Siri、Google Assistantを起動できる
  • マイク内蔵
  • IPX5防水規格(あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない)

必要なところはちゃんと抑えていますね!IPX5なので汗だくになっても安心です。

f:id:joko0108:20180720010348j:plain

最後にWI-1000Xとの比較と使い分けについても書きたいと思います。(原付バイクと高級車くらいの反則的な比較ですが)

開封しよう!

f:id:joko0108:20180720010352j:plain

箱です。小さめです。

f:id:joko0108:20180720010355j:plain

側面には「ぬぉぉぉーー!」というPowerfulさを伝えるためのお兄さんの写真が...。シンプルなパッケージなのがAnkerの特徴だと思っていたんですけどね。

f:id:joko0108:20180720010354j:plain

透明なビニールでパッキングされているのもAnkerにしては珍しい。

f:id:joko0108:20180720010358j:plain

すぅぅぅーー。

f:id:joko0108:20180720010359j:plain

じゃん!

f:id:joko0108:20180720010402j:plain

こちらがブツです。

f:id:joko0108:20180720010400j:plain

f:id:joko0108:20180720010401j:plain

指輪のケースのようにパカッと気持ちよく開くことができます。開くと手前にあるバッテリーインジケーターが光っていい感じ。

ケースからイヤホンを取り出すと自動で電源ONして、スマホに接続されます。その後ケースにしまうと自動で電源OFFになって充電開始してくれます。便利ですね!

付属品

f:id:joko0108:20180720010403j:plain

箱の底には何やら色々入っているようで入っているようですね。

f:id:joko0108:20180720010404j:plain

Happy?😊

f:id:joko0108:20180720010405j:plain

Not happy?😔

f:id:joko0108:20180720010410j:plain

  • Happy? Not happy? の紙
  • 説明書
  • サイズ違いのイヤホンピース
  • イヤホンを耳に固定しやすくなるやつ

f:id:joko0108:20180720010406j:plain

これをつけることでイヤホンがズレにくくなるものです。でも普通に歩く分には無くても大丈夫なので使いませんでした。

f:id:joko0108:20180720010407j:plain

イヤホンイヤーピース、最初についているものを含めて4サイズです。

f:id:joko0108:20180720010408j:plain

ちょっと分厚い説明書。

f:id:joko0108:20180720010409j:plain

各国の言葉で書いてあるだけで、内容的には見開き4ページ分なのでちゃちゃっと読むことができます。心配ご無用ですよ!

本体

f:id:joko0108:20180720010424j:plain

f:id:joko0108:20180720010419j:plain

イヤホンの「soundcore」と書かれている部分がボタンとなっています。右耳ボタンクリックで次の曲、左耳ボタンのダブルクリックでSiriやGoogleアシスタントの起動などの操作をすることができます。

f:id:joko0108:20180720010414j:plain

よく見ると充電の接点部分に保護フィルムが付いているので必ず剥がしましょう!

f:id:joko0108:20180720010417j:plain

大きめのそら豆くらい。僕はカリカリに揚げられたスナックそら豆を無性に食べたくなることがあります。

ケースから出すだけでペアリングモードになるので、スマホなどでBluetoothをつなぐだけで使用することができます。超簡単ですね!

f:id:joko0108:20180720010416j:plain

「Soundcore Liberty Lite」に接続しましょう。

※ なお、別の端末に接続する場合はイヤホンのボタンを長押ししてリセットすることで再度ペアリングモードにすることができるようです。

f:id:joko0108:20180720010425j:plain

ケースの後ろ側。

f:id:joko0108:20180720010426j:plain

蓋をめくるとコネクタが現れます。

f:id:joko0108:20180720010415j:plain

ケースに内蔵されているバッテリーを充電する時に毎回蓋を開け閉めするのは面倒そう...。きっとそのうち蓋を引きちぎっちゃいます。

f:id:joko0108:20180720010411j:plain

ケーブルはmicroUSBでした。

付け心地

f:id:joko0108:20180720010421j:plain

つけ心地はなかなか良い!

普通のイヤホンを付けているときとほとんど変わりがありません。

特に外出中に汗ばむようなシチュエーションだと、ケーブルレスのありがたみをめちゃめちゃ感じました。ケーブルを気にすること無くタオルで首の汗を気持ちよく拭けて最高です!

ただ、好きなイヤホンチップへの交換ができなかったのが残念です。「Soundcore Liberty Liteがダメ」というよりはケースに入れて充電をするタイプたとイヤホンチップの交換は難しそうですね。

f:id:joko0108:20180720010422j:plain

お気に入りのCOMPLYのイヤホンチップを取り付けようと思ったのですが...

f:id:joko0108:20180720010418j:plain

(イヤホンピースを外したところ)

f:id:joko0108:20180720010423j:plain

COMPLYを付けたのが左。純正が右。微妙にサイズが違う...。

f:id:joko0108:20180720010427j:plain

取り付けた状態だとこの充電ケースに入れることができなくなってしまうためNGでした。純正のイヤホンチップが4サイズ付属しているのでそれを使いましょう!

(それか別のサイズのCOMPLYなら入るのかも...)

クリアな音質

f:id:joko0108:20180720010413j:plain

肝心な音質はといいますと...

  • すっきりとしたクリアな感じ。でも低音は効いている。
  • 音の重厚感というか奥行きが薄めであっさりしている。
  • でも決して悪くはない。長時間でも聞いていられます。
  • 現在こだわり無く適当なイヤホンを使っているなら十分満足できそう。

普段はちょっと良いイヤホンを使っているので、初めてこのイヤホンで聞いたときには流石に音質の差を感じました。

でもですよ、その音質の差以上にケーブルレスというメリットが最強なのです。

作業に集中していてSoundcore Liberty Liteを付けていることを忘れていたときには「あっそっか、いまSoundcore Liberty Liteだったー」と気づく感じなので、めちゃめちゃ音質が悪いというわけではありません。

Amazonのページでレビューを見てみると「他の分離型イヤホンと比較しても音質がいい」「コスパがいい!」というレビューが多くあるので完全ワイヤレスイヤホンの中では優れた音質なのでしょう!

気になるところ

  • 左右の音が数ミリ秒ずれることがある。「あれ、なんか響いている感じがする」と感じることがありました。左右のイヤホンから聞こえてくる音が微妙にずれる事があるのです。そんなときは曲を一時停止すると正常に戻りました。

  • イヤホンのボタンが押しづらい。
    イヤホン自体に付いているボタンを押すと曲送りなどできるのですが、耳に装着した状態だと押しづらいです。「ボタンを押す==耳に押し込む」という力のかかり具合なのでベストポジションで装着していたイヤホンがずれることがありました。基本はスマホ側で操作するようにしています。

  • 途切れることがある。
    大きな街の駅前など、電波が混雑している場所の場合は音が途切れることがあります。そんなときはポケットに入れているスマートフォンを胸元に持ってくると問題なく繋がります。これはSONYのWI-1000Xでも発生していたので「Bluetoothイヤホンあるある」。常に途切れるわけではないので許容範囲です。

個人的には「イヤホンのボタンが押しづらい」のと「COMPLYのイヤホンチップが使えなかった」という点が残念でした。

今使っているものと比較してみた

f:id:joko0108:20180720010430j:plain

  • 左: Soundcore Liberty Lite 6000円
  • 右: Sony WI-1000X 38,000円(購入当時)

値段差は6倍以上!比較対象としては適切では無い気もしますが、僕がWI-1000Xを気に入って使っているということで比較しましょう。

f:id:joko0108:20180720010428j:plain

(当たり前ですが)誰が効いてもWI-1000Xの音質がずば抜けて良いです。イメージとしてはジャズ喫茶にあるような巨大なスピーカーと、スマホのスピーカーくらい違います。

www.monomono-blog.com

なお、WI-1000Xは一万円ほど値下がって現在は28,000円ほどです。お買い得になりましたね!

  • とにかくいい音で聞きたい
  • ノイズキャンセリング機能欲しい
  • 毎日使うから多少高くても大丈夫
  • 汗なんて気にしないぞ!

なら間違いなくWI-1000Xがおすすめです。

まとめ「完全ワイヤレスが再優先事項ならおすすめ」

f:id:joko0108:20180720010357j:plain

元々「汗が吹き出るときにネックバンドはつらい!」という理由で完全ワイヤレスであるSoundcore Liberty Liteを購入したので、これに対しては「音質は普通に聞くことができれば良い」のです。

  • 汗がでる時: Soundcore Liberty Lite
  • それ以外: WI-1000X

という使い分けをしていこうと思います。例えば、家から電車内まではSoundcore Liberty Lite、電車に乗って涼んだらWI-1000Xという感じですね!涼しい会社内ではずっとWI-1000X!

f:id:joko0108:20180720010349j:plain

二種類を常に持ち運ぶことになったので、片方の充電が切れてしまったときにもう一方を使うことができます。また、奥さんとデートするときにSoundcore Liberty Liteを片耳ずつ使って、おしゃれなジャズを一緒に聞きながら(映画の主人公のように)ゆっくり散歩するなんていう夢も叶えられそうです。

 

...ということで「とにかく分離型イヤホンを欲している!」場合にはSoundcore Liberty Liteで間違いないかなと思いました。(Amazonレビューを見てみると、よくわからない他メーカーのものは避けたほうが良さそうです。)

以上、念願だった完全ワイヤレスイヤホンを購入してみたお話でした!

 

www.monomono-blog.com

一人旅に行ってきます!だけど不安要素がてんこ盛り。

f:id:joko0108:20180718234120j:plain

沖縄へ一人旅に行くことにしました!

青い海!青い空!...になるはずが怪しい雰囲気。大丈夫だろうか。

どうして一人旅?

f:id:joko0108:20180719152857j:plain

「えっ、新婚なのに一人で旅行に行っちゃうの?」

...と思いますよね。

入籍して2ヶ月ほどでして、普通ならハネムーンとか行っちゃう時期なんですが、奥さんの仕事の関係上この夏は長期休暇がとれないのです。(それどころか3,4連休でさえ難しいかも...という状況。)

一方僕はというと、PCを使う仕事なのでリモートワークが可能だったり、会社自体で「夏には有給休暇を取得しましょ」という流れなのです。

いつもは僕一人で実家に帰省することが多かったのですが、地元に戻っても暑いだけ(40度近い気温が観測されるので有名な岐阜県)なので、それはそれでもったいない!

「じゃあさ、岐阜までの往復交通費が2.2万円ほどかかるから、代わりに飛行機に乗ってどこかに旅に出よう!」というアイデアを思いついたのでした。

まとめるとこんな感じです。

  • 奥さんの仕事の状況的に夏休みが取れなさそう。
  • 10年ぶりに一人旅をしてみたい!
  • 普段と違うことをして、何か学べそう経験ができそう。
  • 旅行中の失敗経験から学ぶこともできそう!

「行ってみようかなー」

「いや、行ったところで何もしないから無駄なんじゃ...」

「でもでもやってみないと...」

「あえてオンシーズンで高い時期に行かなくてもね」

...こうやって何度も何度も迷いました。行くべきか、行かざるべきか...。

そんなとき奥さんが「行っておいでよ!」と背中を押してくれたのもあり、勢いで飛行機を予約した次第です。

今回実行しなかったら、次の機会はいつになるかわかりませんからね!やってみよう行ってみよう!

【この度を通してこんなことやりたい】

  • 知らない土地で長く滞在してみたい。
  • 旅行先で知らない人と話してみたい。
  • カフェで一日中リモートワークしてみたい。(あえて観光地の沖縄で!)
  • 一人旅だからこそのメリットや、チャレンジできることを試してみたい。
  • 一人で旅行するからこそ分かる、いつもの旅行のありがたさを実感したい。 

良い経験となればいいですね!

昔の一人旅

ちなみに一人旅をするのは人生二度目でして、前回は偶然にも10年前です。

僕が大学生だった頃、夏の帰省中だった岐阜から札幌へ、青春18きっぷで2日間かけてひたすら向かうという長旅をしたことがあります。

f:id:joko0108:20180719160310j:plain

岐阜から東京への夜行列車で一夜を過ごし、深夜に到着した青森駅のカラオケで朝まで寝たり、札幌駅の漫画喫茶に連泊したり...とかなりハードな旅だったなぁー。しかし、一人で旅していたので(現地の)誰とも話すこと無くずっと一人きりで孤独な旅でした。

帰り道は北海道の苫小牧からフェリーに乗って、2日かけて名古屋港までの大移動。荒天で波が高くて船酔いしたせいで、全く有意義に過ごせなかったフェリー生活...。今となっては二度とやりたくない中身の薄い旅。あれはあれで思い出ですね!

 

そしてあれから10年が経って(きっと)成長した僕。「今回は充実した旅にできるのか!?」というチャレンジでもあります。

予約状況

「一人旅だ、どうしよう、なにしよう!」と悩みながら準備しているのですが、現状は以下のようになっています。

【予約済み】

  • 往復の飛行機チケットを購入済み。土曜から木曜まで6日間滞在します。
  • 到着初日である土曜の夜の宿泊先だけ確保済み。

【現地で手配予定】

  • 2日目からの宿泊先予約。(他は平日なので直前でも取れるのでは?)
  • レンタカー予約(天候次第でどうするか決める)
  • 海のアクティビティを体験するなら手配する。 

 なお、宿泊先は3000円前後の場所を計画しています。(奥さんと一緒では泊まれなさそうなドミトリー、つまり相部屋な場所。)

オンシーズンの真夏の沖縄で3000円前後で泊まれるところを調べてみると...

  • 古い木造の一室。一部屋に2段ベッドが5台詰め込まれている。
  • 畳に布団を敷いて雑魚寝。
  • ちょっと綺麗なデザインの二段ベッド。
  • 病室みたいにパイプベッドだけの個室。
  • 昭和の雰囲気がするブラウン管テレビ付きのカプセルホテル。
  • プレハブみたいな部屋ところ。
  • バックパッカーが集まる民家。

というように同価格帯でも本当に様々のようです。

そもそも僕は、他人と同じ場所で眠る...というのが苦手でして、ちゃんと寝付けるかが心配なのですが、これも旅の経験としてチャレンジしてみることにしました。良くも悪くも経験となることでしょう!

もしどうしても無理そうで疲れが溜まってダウン寸前となった場合には「6000円くらい出してビジネスホテルの個室に泊まる」という最終手段も用意しています。(そのために二泊目以降は宿泊先未予約なのです)

天気がやばそうだ

f:id:joko0108:20180719152827j:plain

旅行に行こうと思ったら、なぜか台風が直撃!

いろいろ考えて、土曜日から木曜日と6日間も沖縄にいる予定で航空券をとったものの...。

f:id:joko0108:20180718220239p:plain

曇雨・曇雨・曇雨・曇・曇・曇!

おいおい、南国の太陽はどこに行った?

しかも、しかもご丁寧に沖縄へ向かう当日その時間に台風が直撃の予報なのです!

飛行機は運行されるのか!那覇に着陸できるのか!(突如 鹿児島に着陸...というパターンもあるのかな...?)

出発する前から不安しかないぞ。

もし欠航が相次いだら空港は激混み状態となりますかね。羽田空港まで行って、一日潰れる覚悟もしておきます。はい。...はい。

旅行の計画

f:id:joko0108:20180719001430p:plain

  • 土曜: 15時ごろ羽田発。19時ごろ那覇市に到着。
  • 日曜: レンタカーを借りて北部へ
  • 月曜: 北部ぷらぷら
  • 火曜: 中部でお仕事後、那覇市へ戻る
  • 水曜: 那覇市でお仕事
  • 木曜: 14時那覇を発つ。夕方成田着。

いつものごとく、細かく時間を区切って詳細な予定を立てようと思っていたのですが、台風のせいで天気が悪化したり、雨が降ったりしそうなので大まかに予定を立てました。(台風がひどかったらホテルに缶詰状態になるかもしれませんね...。)

ちなみに、6日滞在のうち2日間は土日、2日間は有給休暇、2日間はパソコン開いてカフェなどに閉じこもってリモートお仕事です。

 

あとは運次第!台風が去って青い海の写真を撮ることができたらいいですね!

ふぅ。どうなることやらお楽しみです。

【入籍旅行 後半】山中湖のほとり、富士山の見える丘、恒例の帰路渋滞

f:id:joko0108:20180716154719j:plain

入籍旅行の後編です。前回の記事からの続きです。

目次

山中湖に写真を撮りに行こう!

f:id:joko0108:20180625002351j:plain

ポーラ美術館のあとは「道の駅すばしり」で足湯に入ってから山中湖へ向かいました。(二日目の宿泊先は山中湖からすぐそばのペンションなのです。)

f:id:joko0108:20180625002415j:plain

みぃどりぃーの中を〜
走り抜けてく
スズキのソリオォ〜♪
ちゃらちゃちゃ ちゃらちゃちゃ ちゃらちゃちゃ ちゃらちゃちゃ〜♪

f:id:joko0108:20180625002419j:plain

歌っているうちに山中湖に到着しました!

旭日丘湖畔緑地公園のあたりで駐車すれば、1分で湖畔まで歩いて来ることができます。

f:id:joko0108:20180625002418j:plain

ここで問題です。この鳥はなんでしょうか!

 

...ガチョウなのかハクチョウなのかわからずその場でググりました。

答えは...白鳥です!白鳥ってもっと優雅なイメージがあったけど、歩く様子はずんぐりしているんですね。野生のくせに全く警戒心が無くて近づくことができました。

f:id:joko0108:20180625002420j:plain

「三脚を立てて、記念撮影をしよう!」とセッティングをしている最中の僕。カメラとスマホをWi-Fiで繋いでリモートでシャッターを切るのです。

f:id:joko0108:20180625002421j:plain

f:id:joko0108:20180625002416j:plain

f:id:joko0108:20180625002417j:plain

夕日が差し込んで影になっちゃっているのが、味が出ていて良い。水面が光っているのが幻想的ですね。

f:id:joko0108:20180625002450j:plain

うっすらと富士山らしきものが見えます...。明日はくっきり見えるといいな。

f:id:joko0108:20180625002327j:plain

ガーガーたち、またね!

ペンション グリーンバスケット

f:id:joko0108:20180625002422j:plain

山中湖からすぐそばのペンション、グリーンバスケットにやってきました。

f:id:joko0108:20180625002432j:plain

動物たちを部屋に運ぶときは持参したタオルケットにくるんで持ってきました。チェックイン時はスーツケースだけ持って、時間をずらして運び込むのです。

f:id:joko0108:20180625002353j:plain

泊まった部屋はベッドと洗面台だけのシンプル部屋。

トイレは廊下にあるものを4部屋分の人で共有し、風呂は時間別の貸切露天風呂でした。部屋にあるユニットバスだけよりも露天風呂があったほうが嬉しい!

ペンションでも、ユニットバス付きだったり、寝室オンリーだったり...と色々あるので予約するときは確認しましょう。

f:id:joko0108:20180625002354j:plain

吹き抜けのダイニングルーム。

f:id:joko0108:20180625002333j:plain

夕飯の前菜です。色とりどりでおしゃれ。チーズが美味しいパスタもいただきました。

f:id:joko0108:20180625002334j:plain

メイン魚。

f:id:joko0108:20180625002335j:plain

メイン肉。これはこれで美味しくて僕は好きです。時期によっては一万円ほどで朝夕食付きなのでそれを考えると大満足なのです。

f:id:joko0108:20180625002336j:plain

デザート。

f:id:joko0108:20180625002355j:plain

そして翌朝の朝食。これに加えパンとコーヒー、ソフトクリーム付きでした!

f:id:joko0108:20180625002356j:plain

支払いを待っている間に撮った下からショット。たまに違う角度から撮ってみると楽しいですね!

f:id:joko0108:20180625002357j:plain

車内でも記念撮影!いぇー!

富士山を見に行こう

f:id:joko0108:20180625002359j:plain

山中湖パノラマ台という場所に来ました。日曜の11時頃には小さな駐車場が満車になっていたので、できるだけ早く来るのが良さそうです。

f:id:joko0108:20180625002400j:plain

ここでも三脚があると何枚も撮っていられるので大いに役立ちますよ!

f:id:joko0108:20180625002424j:plain

富士山をバックに記念写真を撮りまくりましょう。

f:id:joko0108:20180625002425j:plain

いつもやりたくなるジャンプ写真。

こうしている間にだんだん霞んできて富士山が薄くなっていっていました。くっきり見えるかは運次第ですがペンションのオーナー曰く、季節によっては朝早いほうが見えやすいようです。

f:id:joko0108:20180625002426j:plain

パノラマ台から少しだけ登ったところでもう一度撮影。こっちは人が少なくて撮りやすいですが、たまに車が通るので事故には注意しましょう。

f:id:joko0108:20180625002423j:plain

f:id:joko0108:20180625002401j:plain

でっかいメイプルも車から引っ張り出しました。もふもふ。

忍野八海へGO

f:id:joko0108:20180716161448p:plain

まだ帰路につくには時間が早いので、忍野八海(おしのはっかい)というインスタ映えスポットらしき場所へ行くことにしました。

f:id:joko0108:20180625002402j:plain

山中湖に沿うようにドライブ!きっもちいいー!うたいたーい!

f:id:joko0108:20180625002352j:plain

ちなみに、車内はこんな感じになっています。メイプルさんは肘置きになって潰れ気味...。

f:id:joko0108:20180625002403j:plain

忍野八海は...

人が多い!混雑ヤバイ!!!!

中国からの団体客がいらっしゃっているようで、7割くらいはは中国語が飛び交っていました。国外みたいだ...。

f:id:joko0108:20180625002404j:plain

池の真ん中にある小さな島のような場所が写真スポットです。混雑しているときは落っこちないように気をつけて...!

f:id:joko0108:20180625002406j:plain

(団体客が去ったタイミングを狙えば一瞬すくこともあります。狙い目!)

f:id:joko0108:20180625002405j:plain

深さが8メートルほどあるのですが、すっごく綺麗な水なので底が見えるのです。

ここは何かというと...

  1. 富士山の雪解け水が地下に染み込む。
  2. 地下の溶岩を通って20年ほどかけてろ過される。
  3. 富士山周辺の8か所から湧き水となって出てくる。
  4. 泉になる。

というものらしい。近くを通ったら一度は行っておきたいスポットですね。

帰路へ

f:id:joko0108:20180625002433j:plain

メイプルさんは運転してくれないので、僕が運転して帰ります。

日曜日の13時ごろ忍野八海を出発しました。

f:id:joko0108:20180625002407j:plain

高速道路の混雑が予想されるので、スマホで検索して見つけた近くのほうとう屋に立ち寄って昼食。うまうま!

渋滞やばい

f:id:joko0108:20180716141626j:plain

高速道路にのって順調に進んでいるかと想いきや「大渋滞!」と書いたあたり、相模湖あたりから小仏トンネルまでが本当に大渋滞。

都内に戻るときは渋滞ヤバイということを忘れかけていました。久しぶりのドライブで甘く見ていました。

f:id:joko0108:20180625002451j:plain

まー動かない。動かない。

90分ほど徒歩スピードで進んでは止まり進んでは止まり...の繰り返し。必ずトイレと食事は済ませておきましょう。

(カーナビでは2時間で自宅に到着と書いてあったのに最終的には4時間ほどかかりました。余裕を持って早めに帰りましょう。)

f:id:joko0108:20180628090742j:image

途中、走っていく高速隊の人を見つける。

f:id:joko0108:20180628090738j:image

事故ってました。渋滞に眠くなって追突ですかね。

 

この渋滞の中で見たもの...

  • 3件の事故
  • 1台の故障車
  • 2頭の野生のサル
  • 高速道路の端を歩く1人のおばちゃん...!

渋滞時は特に何が起きるかわかりません。安全運転で行きましょう。

無事帰宅しました

小仏トンネルを抜けたあたりで、長い長い渋滞が解消してすんなりと自宅までたどり着くことができました。

帰宅途中にスーパーに寄って、日頃変えないペットボトルを箱買いして、家に戻って荷降ろしして、レンタカーを返却する。そんな流れで旅は終了しました。

特にこれといってメインがない旅でぷらぷらと色んな所に寄ったわけですが、これはこれでリラックスできて楽しかったです。

f:id:joko0108:20180625002408j:plain

家に到着後、さっそく写真の振り返りをする奥さんなのでした。

夫婦としてこれからもよろしくね!

 

↑大きなメイプル!我が家ではメイちゃんって呼ばれています。

【入籍旅行 前半】ゆったり箱根旅。大涌谷、ポーラ美術館とか行ってきました。

f:id:joko0108:20180716151908j:plain

都内から箱根、山中湖をまわる二泊三日の旅に行ってきました!

 

入籍をした日は金曜日。有給休暇をとって市役所へ行くことにしたのですが、その日の夜はどうしましょう?

  • 都内のホテルでディナー?
  • ディズニー行く?
  • 近所のレストラン?
  • むしろ自宅で料理?

そんなことを調べているうちに「せっかく三連休なんだから旅行に行こう!」と思いついたので、のんびり旅に行ってきました!

f:id:joko0108:20180716141626j:plain

このようにぐるっと回るルートです。一泊目のホテルまでは2時間ほどで着く距離なのでそれほど遠くはないのです。(が...帰りの大渋滞が...ね)

次回に活かせるような旅の振り返りをしつつ、僕たちの入籍旅行の様子を二回に分けて紹介します。

目次

 一日目は手続きしてホテルへ直行

f:id:joko0108:20180625002337j:plain

前日である2018年5月31日の夜、大事な大事な入籍届を書く僕。

こういう大事な書類を書くときは「もっと綺麗な字が書けたらなぁー」と感じますね。普段はパソコンばかりで、文字を書く機会がほとんどないので劣化していく一方なのです。

f:id:joko0108:20180716152824j:plain

そして翌日、2018年6月1日に無事に入籍しました!

www.monomono-blog.com

入籍したあとは免許書き換えや銀行での処理などがあって、夕方ごろに東京を出発しました。夕飯の時間までに箱根に到着することができればOKだったので、焦らず安全運転で向かいます。入籍当日に事故ったらシャレになりません!

f:id:joko0108:20180625002329j:plain

箱根のあたり。 

f:id:joko0108:20180625002330j:plain

f:id:joko0108:20180625002328j:plain

登山鉄道ショット。

f:id:joko0108:20180625002430j:plain

そんなこんなで「ホテルハーヴェスト箱根明神平」というホテルへ到着です。フロントで記入する書類には二人とも同じ姓。にやけてしまいます。

f:id:joko0108:20180625002431j:plain

結婚当日なのでいつも以上にハイテンションな僕なのです。

f:id:joko0108:20180625002437j:plain

入籍したので結婚指輪と婚約指輪のダブル装備。

f:id:joko0108:20180625002331j:plain

夕飯は会席料理。こういうを食べると「一品ごとの味を楽しめる様になったなぁー!」と大人になったのを実感できます。(僕が苦手なホタテは奥さんに食べてもらいました。夫婦助け合い。)

f:id:joko0108:20180625002332j:plain

予約時に注文しておいたミニケーキの登場!

隣に座っていた上品な年配のご夫婦にも拍手していただけまして...

ご夫婦:「おめでとうございます。どちらのお誕生日なんですか?」
僕:「ありがとうございます。実は本日入籍してきまして...!」
ご夫婦:「わー!そうなんですか!おめでとうございます!!ぴったりなお二人ですね!」

なーんて!えへへでへへ!なんだかとても嬉しかったです。

レストランで出してもらったあと、トレーごと部屋に持って帰ってゆっくりいただきました。直径15cmほどのサイズでしたがど二人で分けるにはなかなかの量。もったいないので僕が半分以上食べて完食しました!

我が家のペットたちもついてきた

f:id:joko0108:20180625002338j:plain

いつもは車内のクッション代わりに1,2匹を連れてくるのですが、今回は特別!わざわざ大きなスーツケースに詰め込んで大集合です。

f:id:joko0108:20180625002339j:plain

(密輸入みたいだ)

f:id:joko0108:20180625002340j:plain

もふもふ!

www.monomono-blog.com

二日目は大涌谷など

 

f:id:joko0108:20180716142946p:plain

大涌谷に行くため、ひと駅手前の早雲山駅まで車でやってきました。

f:id:joko0108:20180625002341j:plain

ロープウェーで移動するわけですが、一人往復1,510円となかなかお高い!

f:id:joko0108:20180625002434j:plain

前回箱根旅行に来たときは大雪で大涌谷に入ることができなかったので、僕にとって初めての大涌谷です。奥さんは大学生の頃に来たことがあるらしく3回目とのこと。

f:id:joko0108:20180625002436j:plain

これに乗ります。窓が大きく取られていて景色が良さそうですね!

f:id:joko0108:20180625002435j:plain

タイヤすごい。なんかレゴみたいでかわいい。

f:id:joko0108:20180716143452j:plain

緑の木々の間を通って進んでいくと...

f:id:joko0108:20180625002444j:plain

ずぉぉぉーーーん!

「すごい!何だこれ!」

f:id:joko0108:20180625002439j:plain

まるで映画の世界に入ったようです!

配管とか、古びた設備とか有毒っぽい色とか煙とか...ワクワクしますね!!!!

f:id:joko0108:20180625002443j:plain

整備してあるのが崩れたのか、元から適当なのか...とにかくすごい。

f:id:joko0108:20180625002442j:plain

ぷーんと漂ってくる硫黄のニオイもすごい!「すごい」しか言ってない!

f:id:joko0108:20180625002440j:plain

とてつもない景観を目にしてから2分ほどで降り場に到着しました。

f:id:joko0108:20180625002445j:plain

超巨大なぐるぐるでケーブルを回しているところが見えました。

f:id:joko0108:20180625002342j:plain

なるほど~!ここが大涌谷か!

  • 道の駅っぽいやつがいくつかある
  • 硫黄のあたりを歩くことはできない

地獄谷みたいにちょっと散策できるのかと思っていたのですが、遠くから景色を見る&建物で買い食いする程度なのですね。

f:id:joko0108:20180625002343j:plain

偶然にもTシャツが硫黄色なのでした。

f:id:joko0108:20180625002344j:plain

この旅では、入籍の思い出とレンタカーでの移動ということもあって、久々に一眼レフを持ってきました!

一眼レフは重いのでいつもはミラーレス派なのですが、ファインダーを覗いてカシャッと写真を撮るのっていいですね。「撮影しているぞ!」っていう気持ちが高まります。

f:id:joko0108:20180625002441j:plain

幽霊っぽいキティさん。夜見たら絶対怖いやつやん。

f:id:joko0108:20180625002345j:plain

名物の黒たまご!「1個食べれば7年寿命が延びる」そんなバカな 笑

5個入りセットで500円ということで、買うか諦めるか悩みました。二人で5個って相当きついですよね。口の中がパッサパサになるのが目に見えてますよね!しかし「ここで食べないと次来るときの数年?数十年は未経験になっちゃう」ということで、食べきれないのを前提で購入したのでした。

f:id:joko0108:20180625002346j:plain

殻はくろいけど、中は普通の白いたまご。

f:id:joko0108:20180625002347j:plain

半熟でもなく、ゆで卵。

f:id:joko0108:20180625002348j:plain

ぱくり!

「......。......。」

「えっ、普通のゆで卵じゃん!」

奥さん「そうだよー!」

殻からは硫黄の香りがほんのりするものの、中の卵は普通のたまご。一個どころか一口で満足でした。(半熟の温泉卵のほうが100倍美味しい)二度目はないな...と納得できた大涌谷黒たまごなのでした。これはこれでよしとしよう!

f:id:joko0108:20180625002428j:plain

ロープウェイで下山して車まで戻ってきました。ただいま。おまたせ。

ポーラ美術館

f:id:joko0108:20180625002358j:plain

山の中を気持ちよく走り抜けて向かったのは「ポーラ美術館」です。

早雲山駅からは15分、4.4kmの距離でした。

f:id:joko0108:20180625002349j:plain

f:id:joko0108:20180625002350j:plain

美術館全体は地下部分に埋まるように存在しています。

f:id:joko0108:20180625002410j:plain

建物自体が素敵。

f:id:joko0108:20180625002409j:plain

なお、撮影禁止マークのない作品は撮影することができます。半分ほどは撮影可能でしたが、有名どころのピカソ、モネ、ゴッホの作品はNGでした。

見どころは、絵画に疎い僕でも知っているモネの「睡蓮の池」です!ポーラ美術館似合ったのか!というより、むしろ日本にあったのか!というのに驚きました。

さて、撮影可能だったものからいくつかご紹介。

f:id:joko0108:20180625002446j:plain

ポール・シニャック「オーセールの橋」

シニャック...?存じておりません!が、その画のタッチに惚れました。

f:id:joko0108:20180625002447j:plain

淡い色を中心に、点で描かれていて優しくも美しい。フランスに行ったことがないのにどこか懐かしい想いが蘇ってくるそんな漢字です。

f:id:joko0108:20180625002448j:plain

思わずマネッコ。

f:id:joko0108:20180625002449j:plain

美術館の吹き抜けを見上げたところ。コンクリートxガラスっていう建造物が好き。プロポーズの場所もこんな感じでした。

→ 【夜の美術館でプロポーズ#1】僕がプロポーズ場所として「国立新美術館」を選んだ理由。

f:id:joko0108:20180625002411j:plain

帰り際、美術館前の通路に三脚を立てて記念撮影。

実際三脚を立てるのが面倒だったりするわけですが、やっぱり撮っておいたほうが思い出写真になって楽しいですね!

f:id:joko0108:20180625002412j:plain

無難な仁王立ちだけでなく、体を大きく使ってポージングしておくとその場の空気を残せておすすめです!

f:id:joko0108:20180625002413j:plain

戻ってきました。

f:id:joko0108:20180625002414j:plain

暑い中、留守番ありがとう!

後半へ続きます。 

自作壁掛けテレビの布を外して、ナチュラルスタイルに戻すぞ!の巻

f:id:joko0108:20180713002417j:plain

今回はDIYで作った壁掛けテレビに関するネタです。

自作した壁掛けテレビの板に「IKEAの布」を貼ってインテリアとして楽しんでいたわけですが、人というのは強欲ないきものでして、気に入っていた風景でも毎日見ていると飽きてしまうものなのです。

じゃあ久しぶりにシンプルにしてみよう!」ということで布を剥がす作業を行いました。もともと剥がすことを見越した布貼りを行っているので簡単に剥がせるはずです。

壁掛けテレビのDIYについては以下の記事をどうぞ。

www.monomono-blog.com

www.monomono-blog.com

布を剥がそう!

f:id:joko0108:20180713002416j:plain

我が家のテレビの様子です。机が端っこに寄っているのは大掃除中だったからなのです。(多少の散らかりは見なかったことにしてください。ひぃぃ)

そうそう、最近はサーキュレーターを自作カラーボックスの上に置くようにしてみました。数年前に購入したドウシシャのカモメファンというやつです。

冬に部屋に置いてあっても違和感のないデザインと、カモメという商品名に惚れて買ったんですがAmazon評価はイマイチ。首振りが左右しかできないところがちょっと不満です。

今なら他社製でもっとスタイリッシュなサーキュレーターがありますよね!あぁ買い替えたい買い替えたいー。家電量販店に行くと扇風機コーナーに引き寄せられてしまう今日このごろ...。

いえいえ、そんなことはさておいて作業を進めましょう!

f:id:joko0108:20180713002418j:plain

下の板を引き抜きます。

f:id:joko0108:20180713002420j:plain

じゃん!

裏にはPS4やらNintendo SwitchやらSONYの無線ヘッドホンの送信機やらが隠されています。奥行きが9cmほどしかない空間ですがピッタリぎりぎり配置されています。

設置当時は「内部に熱がこもってPS4がエラーになるかな?」と心配だったのですが、今のところずっと正常に動いています。よかった!(ただ、PS4内の冷却用ファンがうるさいときがあるので負荷が掛かっているのは間違いなさそう...。)

f:id:joko0108:20180713002422j:plain

板に布を巻いてタッカーで貼り付けてあるだけなので、タッカーの針(ホッチキスみたいなやつ)を引き抜いていけば布を剥がすことができますね!

f:id:joko0108:20180713002423j:plain

「これこれ!」

f:id:joko0108:20180713002424j:plain

流石に指では抜けないので、マイナスドライバーを突っ込んで少し引き上げてからプライヤーでぐいっと引き抜いていくことにしました。

食洗機取り付けの時に水道を外すのにも使ったプライヤー、でかくて頼もしいサイズです!

f:id:joko0108:20180713002425j:plain

一個づつ外していく地道な作業なのです。

f:id:joko0108:20180713002426j:plain

頑張って50本ほど外しました!

f:id:joko0108:20180713002427j:plain

このとおり板が布から分離しました!

f:id:joko0108:20180713002428j:plain

板を元あった場所にスライドして取り付けます。

f:id:joko0108:20180713002429j:plain

うん、やっぱり木目もいいよね!ナチュラルで癒やされーる。

f:id:joko0108:20180713002430j:plain

同様に上半分も行って作業終了。30分ほどでした。

まとめ「当初の思惑どおり!」

「模様のあるデザインは必ず飽きるだろうなー」という想定通り、飽きました!それを見越して外しやすい、変えやすい方法で布を貼っておいたのは正解でしたね。こうやって色々といじれるのがDIYの楽しさだと思います。

 

そして、板の布を外して綺麗にしたのには理由がありまして、新たに念願だったアレを購入したのです。えへへへ。ずっと欲しかった、憧れだったやつ。それについてはまた近々お伝えしますね。

www.monomono-blog.com

【ベニヤ板を塗ったら】小物撮影の背景バリエーションが増えました。

f:id:joko0108:20180714143454j:plain

以前から小物撮影時の背景として使っているベニヤ板をダークカラーに塗ってみました!板はホームセンターで購入した1枚1000円の激安モノです。安いけど結構使えますよ!

www.monomono-blog.com

時には暗色の背景が必要

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/j/joko0108/20180419/20180419003110.jpg

このように小物自体の色が濃い場合は薄い板の色で良いのですが...

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/j/joko0108/20180704/20180704222602.jpg

白い物を置いたときに「もうちょっと背景とのコントラストが効いていたらなぁー」と思うことがありました。

f:id:joko0108:20180714144133p:plain

あと、板を背景にしたサムネイルが連続で並ぶと単調になってしまってちょっとモヤモヤ。どうにかしたい...!

f:id:joko0108:20180712230023j:plain

ならば片面を塗りましょう!

  1. ステイン(着色剤)で色をつける。
  2. ニスを塗って表面を保護する。

という簡単な手順です。

本来はヤスリがけしてからステインを塗り、もういちどヤスリがけをして、ニスを塗って、ヤスリがけ、二度目のニス、ヤスリがけ、三度目のニス...というように何度も繰り返し塗ることで触り心地のよい表面に仕上がります。

でも今回の場合は撮影するだけなのでチクチクだろうとザラザラだろうとOKということにして、最小の加工だけ行います。

塗っていこう

f:id:joko0108:20180712230024j:plain

別のDIYで使用した余りのステイン(着色剤)で色を付けていきます。

f:id:joko0108:20180712230027j:plain

原液だと濃すぎて塗りづらいのでステイン8割:水2割で薄めました。

f:id:joko0108:20180712230028j:plain

量は適当にこのくらいにしましたが、結局足りず後で追加しました。追加するときに薄めた濃さが異なると色がバラついてしまうので、予め何割:何割というのを決めておいて、料理とかにつかうスケールを使って調合してくとよいです。

f:id:joko0108:20180712230029j:plain

刷毛を引っ張り出すのが面倒だったのでキッチンペーパーで塗ることにします。(こういうのを怠ると雑な仕上がりになります!テーブル天板などを作るときはちゃんと道具を揃えましょう。)

ではさっそく塗ってみましょう!

f:id:joko0108:20180712230030j:plain

塗って...みた...。全く伸びないー!

このベニヤ板は水分を吸いまくる性質があったようで、塗った瞬間に染み込んでしまってしまします。そのため全然塗り広げることができません。

「これじゃ、ステインが全然足りなくなっちゃう...」

僕は考えました。

f:id:joko0108:20180712230031j:plain

「板が水分を吸っちゃう?それなら、満足いくまで吸わせてやろうではないか。」

f:id:joko0108:20180712230032j:plain

「水道水で板を濡らしておけばなんとかなるだろう」作戦!

ちなみに結果としては...

  • ステインが塗りやすくなった
  • なんか独特な木の香りが部屋に広がった
  • ベニヤ板がちょっと反った。

「ステインを塗りやすくする」という点ではうまくいきましたが、板がちょっと反ってしまったのは誤算でした。

小物撮影用なので多少の反りは問題なかったのですが、棚を作っているときなどに板が反ってしまうと組み立てに影響してくるのでこの方法は避けたほうがよさそうですね。ひとつ学びましたね。

f:id:joko0108:20180712230033j:plain

板が濡れた状態ならもうこっちのものです!

f:id:joko0108:20180712230034j:plain

余裕で塗り拡げることができました!やったぜ。

f:id:joko0108:20180712230035j:plain

ひとまず半分完了。

f:id:joko0108:20180712230036j:plain

(おぉ...。ビニール手袋の着用を強くおすすめします...。)

f:id:joko0108:20180712230037j:plain

同様にもう半分も塗りました。

ちなみに板の下に敷いてあるのは使わなくなって捨てようと思っていた遮光カーテンです。床の汚れ防止なのです。

f:id:joko0108:20180712230038j:plain

サーキュレーターで無理やり板を乾燥させます。

f:id:joko0108:20180712230039j:plain

ある程度板が乾いてから二度塗りしておきました。なかなかいい具合じゃないでしょうか。

f:id:joko0108:20180712230040j:plain

湿っていた板が乾くと、ちょっと反っているのに気づきました。...今回は良しとしよう。

f:id:joko0108:20180712230026j:plain

DIYでは毎度おなじみの水性ウレタンニスつや消しクリヤーを塗りましょう!

f:id:joko0108:20180712230041j:plain

ニス8割:水2割で薄めた状態で塗り拡げていきます。

以上で作業は終了です!かんたんかんたん。

手触りにこだわる場合は一度目が乾いてから目の細かいヤスリで整えてから、二度塗りすると綺麗に仕上がります。今回は一度だけ塗って終わりなので、触るとザラザラする状態で終了しました。作業時間は1時間ほどでした。

まとめ「ダークな木目を手に入れた!」

f:id:joko0108:20180712230042j:plain

↑Beforeがこちら。

f:id:joko0108:20180712230043j:plain

↑Afterがこちら。

片面はナチュラルカラー、片面はダークカラーになりました。これで撮影するものやイメージによって使い分けをすることができますね!

以上「思いつきでベニヤ板を塗ってみた」というお話でした。めでたしめでたし。

 

小物の撮影周りは以下の記事もどうぞ。とてもチープな撮影舞台裏です。

www.monomono-blog.com

www.monomono-blog.com