ものものブログ

ものものブログ

買ってよかったもの、毎日の生活の向上、デジタルガジェットについて、たくさんの写真で紹介するブログです。

1万円でスタイリッシュなTaoTronicsのDC扇風機。無印良品のDC扇風機と比較してみた!

f:id:joko0108:20210504141733j:plain

扇風機は悪目立ちさせたくないですよね。

部屋に置く扇風機はそれなりの大きさがあるので、どう頑張っても視界に入ってきます。だからこそ、シンプルで馴染むデザインであることが重要だと思うのです。

 

そんな理想にマッチした扇風機をご提供いただいたので紹介します。 

※ 2021/5/5まで1000円引きになるAmazonのクーポンコードを貰えました。夏になる前に是非ご利用ください。↓

■ クーポンコードの使い方

商品ページからカートに入れる→レジに進む→「ギフト券、種類別商品券、またはプロモーションコード」の欄に TF009MONO4 を入力すると1000円引きになります!

扇風機の買い替え候補に入れるべき

f:id:joko0108:20210501145838j:plain

無印良品より風が強く出せる、値段は1/3。この点で圧倒的に有利なTaoTronics扇風機。あとは見た目が気にいるかで選んじゃって問題ないと思います。

f:id:joko0108:20210501145902j:plain

部屋に置いたときに、スタイリッシュな存在感を放つ扇風機。夏には扇風機として、冬にはサーキュレーターとして使いたいので、一年中出しっぱなしにできるデザインは素敵だと思います。インダストリアルデザインでかっこいいですよね!

見た目でピンと来たら、めっちゃおすすめです。TaoTronicsはAmazon上で各製品の評価も良くて信頼性が高いブランドですし...!

無印良品の扇風機と比較

f:id:joko0108:20210501150657j:plain

このタイプの扇風機を購入検討すると、必ず候補に挙がってくるのが無印良品の扇風機ですね。我が家にも無印良品の扇風機があるので比較してみました。

左の黒いのがTaoTronicsのTT-TF009、右の白いのが無印良品の扇風機です。

無印良品は3倍高い。TaoTronicsは約1万円、無印良品は31900円。リビングにひとつ無印良品の扇風機を置く代わりに、リビングとベッドルームとキッチンの3部屋にそれぞれ1台ずつ配置できる値段差。これは大きい。

静音性は同じくらい。無印良品もTaoTronicsもDCモーター。安物の扇風機とは違って静かです。

風の強さはTaoTronicsが強い。正直無印良品の扇風機は風量に不満がありました。以前のレビュー記事でも欠点として挙げましたね。それに対してTaoTronicsはターボモードという機能があって、無印良品よりも強い風が出せるのです!優秀賞!

上下の首振りは無印良品だけ。どちらも左右方向への自動首振り機能は付いていますが、上下への首振り機能は無印良品にしかついていません。しかししかーし、この機能があるせいで無印良品のは手でカチカチっと上下角度を変えることができません...。今のところ僕の家では上下首振りを活用できていないので、この機能は無くても大丈夫だと思います。

足でスイッチを押すか手で押すか。どちらもリモコンが付いているので、離れたところから操作可能です。リモコンを使わない場合の扇風機の操作感が違います。無印良品の扇風機は土台部分にスイッチが付いているので足で操作することも可能、その一方手で操作しようとするとしゃがむ必要があって面倒です。TaoTronics のものはバー部分にスイッチが付いているので足で操作はできないけれど、ボタンは押しやすいです。

質感とかボタンとか

f:id:joko0108:20210501145946j:plain

さて、あとは細かな部分を見ていきましょう。

f:id:joko0108:20210501145928j:plain

まずは羽周辺。プラスチック製だけど、テカテカ感がなくて良いです。

f:id:joko0108:20210501145711j:plain

裏側から。

f:id:joko0108:20210501150519j:plain

羽を上に向けるとこんな感じ。冬に使えば、天井付近に溜まった暖かい空気をかき混ぜて効率的に部屋を温めることができます。

f:id:joko0108:20210501150051j:plain

付属のリモコンもシンプルで良い。風の強度や首振り、タイマー機能など一通り操作することができます。

f:id:joko0108:20210501145822j:plain

この扇風機の若干の不満点がこちら。コードの位置です。

f:id:joko0108:20210501145645j:plain

バーの中間部分から電源コードが飛び出ているので、そのまま置くとピローンってなってみっともないです...。

f:id:joko0108:20210501150335j:plain

テープなどでバーの真後ろに沿うように固定してあげれば解決できるので、ぜひ自分でひと手間加えましょう!

f:id:joko0108:20210501150315j:plain

ほら、すっきり!

f:id:joko0108:20210501150133j:plain

羽部分とカバー部分は取り外すことができます。この周辺ってホコリがたまりがちなので、外して洗えるのはありがたいですね。(というか扇風機の選択時の必須ポイントだと思ってる)

f:id:joko0108:20210501150234j:plain

バーの下部で高さ調節ができます。一応できます。

f:id:joko0108:20210501150217j:plain

これがMax。ほんの少しだけ伸びるという機能。「デフォルトの高さだと顔に直撃して嫌だ」などの場合の微調整機能ですね。

f:id:joko0108:20210501151207j:plain

f:id:joko0108:20210501150349j:plain

バー中央のスイッチ部分。アイコンだけでシンプルにまとめられていて好きです。

f:id:joko0108:20210501150417j:plain

風の強さは1から9とターボの10段階。強さ8で無印良品の扇風機の最強風量と同等でした。つまり、TaoTronicsの風量9は無印良品より少しだけ強くて、ターボはさらに強い風がでるよ!という感じです。

f:id:joko0108:20210501151136j:plain

ターボ時はHマークになります。

f:id:joko0108:20210501151007j:plain

無印良品のDC扇風機の最強風量はこのくらい。

f:id:joko0108:20210501151015j:plain

TaoTronicsの最強風量はこのくらい。(風力見える化のための)布の上がり具合が全然違います。

f:id:joko0108:20210501150435j:plain

昔のスタイルの金属あみあみ扇風機から、スタイリッシュ扇風機に買い替えちゃいましょう!

 

結論。ネスプレッソは小さなシンプル機種でエアロチーノセットが良い!

f:id:joko0108:20210428162942j:plain

在宅勤務の気分転換にカフェラテを飲みたい!

けれどそれだけのために外に買いに行くのは面倒です。しかも毎日ガブガブ飲むのなら自分で作ったほうが安いですよね。

でも、エスプレッソマシーンで作るのは面倒だし場所も取る。。以前は僕もデロンギのエスプレッソマシーンを持っていたんですが、まずコーヒー粉を詰めるのが面倒なんです。タンピングっていうやつ。優雅な時間を過ごす趣味としてのエスプレッソづくりでなら楽しいんですけど、仕事の合間にちゃちゃっと飲みたいときは面倒。あと、タンパーに詰まったコーヒー粉の掃除が面倒...。

そんなわがままな僕の要望の答えがネスプレッソでした。

  • 本体は1万円~2万円程度で安い
  • エスプレッソカプセルは1つ80~100円程度
  • 複数の機種があるけど、エスプレッソ自体の味は変わらない。メンテナンスのしやすさは変わる。牛乳の扱い方も変わる。

ざっくりこんなかんじです。

 

プリンターと同じく、本体は安くてその後のランニングコストで稼ぐ方式みたいです。ただ、ネスプレッソ非公式のカプセルを使えば1カプセル30円程度で済ませられて、ランニングコストを抑えられます。プリンターの互換インクみたいな感じ。

今回の記事では、選別から購入と開封までをお伝えします!

 

結論から言うと、小さくてシンプルでエアロチーノセットを選ぶのがおすすめです。↓こんなやつ。

互換カプセル。安いから毎日飲めます!

ネスプレッソって色々ある

f:id:joko0108:20210301135117j:plain

僕が買ったのはエッセンサミニとエアロチーノのセットです。

f:id:joko0108:20210301145639j:plain

ネスプレッソのカプセルにはコーヒーの粉が詰められていて、これを本体にセットしてボタンを押すと圧が掛けられたお湯によってエスプレッソが抽出されます。

f:id:joko0108:20210301140512j:plain

それがこいつ。エッセンサミニ。ネスプレッソ機器で一番小さなやつを選びました。たぶんもう廃盤になっているものなので、↓このあたりが近いものになります。

ネスプレッソの機械は複数種類があるけど「ネスプレッソ用のカプセルが使える機器はどれも出てくるエスプレッソは同じ」なのです。ネスプレッソの売り場のおばちゃんが言ってました。

じゃあ違いは?というと、

  • 水を入れるタンクの大きさ
  • 抽出後のカプセルが落ちるカゴの大きさ(ゴミ取替えの頻度が変わってきます)
  • 見た目
  • 抽出する際のお湯量の選択肢
  • ミルクスチーム機能があるかどうか

お湯の量を選ぶボタンの数が異なります。たくさんのお湯で入れると薄いコーヒー(アメリカーノ)ができるのですが、それがボタン1つで飲みたいかどうかですね。ボタン数が少なくても、ボタンを2度押せばアメリカーノボタン同等のお湯で抽出できるので結局は同じ味を作り出すことができます。個人的には、ほぼ一番量が少ないエスプレッソボタンしか使っていないので、正直ボタン数はどうでも良いと思います。

あとは見た目。ゴツくておしゃれなマシンがあるけれど、自宅に置いたときに浮いてしまったり、そもそも邪魔なことも...。よほど目立たせたい意図が無い限り、小さくてシンプルなものを選択がいいんじゃないかなーと思います。

↑これとかはシルバーが入っていてかっこいいけど、そのぶん主張も強い。売り場で見ると魅力的なんだけどね。

エアロチーノのセットが良い!

f:id:joko0108:20210428151952j:plain

 エスプレッソをそのまま飲むのでないならば、きっとカフェラテを飲むはず。

エスプレッソ+牛乳=カフェラテです。

エスプレッソはネスプレッソで抽出するとして、牛乳をどうするかによってネスプレッソ本体の選択肢が変わってきます。

ネスプレッソ機械にスチームミルクを作る機能が付いているものがあります。ラティシマっていうやつ。↓(僕の姉も持ってます)

この機種だと、ボタン1つでエスプレッソ抽出&スチームミルク投入が行われて、カフェラテが自動的に作れます。

便利そうですよね!...がしかし、デメリットもあるのです。

  • スチームミルク(牛乳を水の蒸気で温める)になるので、カフェラテ自体が水で薄まる。
  • ミルクを入れる部分を洗うのが面倒。取り外しはできるけど部品数が増えるとその分管理が面倒になる。
  • 本体がデカい。

ということで、飲みたいときにチャチャーと気軽に使うという僕の目的とは合いません。洗い物が増えたら結局面倒になって使わなくなりそうなので。

その代わりにフォームドミルクを作る機械がネスプレッソで用意されています。エアロチーノっていうやつ。

f:id:joko0108:20210301135349j:plain

右側に写っているのがエアロチーノ。ネスプレッソ本体とエアロチーノがセット販売されているものがあって、別々に購入するよりお得なので最初からセットを買っておくべしです。

f:id:joko0108:20210301143954j:plain

エアロチーノは単純。

ミルクを混ぜながら温める機能と、温めずに混ぜる(泡立った冷たいミルクを作る)機能だけ。

f:id:joko0108:20210301144312j:plain

タンブラーみたいな形状になっていまして...

f:id:joko0108:20210301144317j:plain

下には電気ケトルみたいな台があります。

f:id:joko0108:20210301144359j:plain

エアロチーノ内部は混ぜるための部品が付いています。

f:id:joko0108:20210301144408j:plain

f:id:joko0108:20210301144437j:plain

マグネット式なので分解可能。金属リングが付いていると泡立ちすぎるから、僕は黒いプラスチック部品だけにして使っています。

f:id:joko0108:20210301144611j:plain

スイッチONすると、ミルクが温まりつつ、中の部品が回転して泡立たせられるという感じ。

f:id:joko0108:20210301144618j:plain

食洗機には対応していないけど、水道の水がかかっても大丈夫なので、使い終わったらザザーッと内部を洗うことができます。15秒くらいで洗い終わって後片付けも超楽ちん。これ重要!

抽出かんたん

f:id:joko0108:20210301141140j:plain

水タンクに水を入れます。公式だと「毎日変えてください」だけど、僕は2日に1回くらい変えて使ってます。

f:id:joko0108:20210301141441j:plain

セッツ!

f:id:joko0108:20210301145750j:plain

上部分のレバーを開いて...

f:id:joko0108:20210301145759j:plain

カプセルをIN。このレバーの位置は機種によって若干違うけど、内部の仕組みは一緒。

f:id:joko0108:20210301145843j:plain

ガチャッとレバーを下ろす。

f:id:joko0108:20210301145900j:plain

抽出量ボタンを押します。左はエスプレッソ量抽出用。(ちなみに長押しすると任意のお湯の量を出すことができるという裏機能があったりします。次回以降はボタンを押すと前回の量で抽出してくれるとか)

f:id:joko0108:20210301145921j:plain

ヴィィィィーーンという音とともにエスプレッソが出てきます。

f:id:joko0108:20210301145925j:plain

 

f:id:joko0108:20210301145946j:plain

f:id:joko0108:20210301150013j:plain

f:id:joko0108:20210301150212j:plain

クレマもいい感じ。

エスプレッソとして飲むのも良いですし、エアロチーノで作ったフォームドミルクを入れてカフェラテにしてもいいし、冷たいミルクと氷を入れればアイスラテにもなります。よきよき。

f:id:joko0108:20210302174213j:plain

抽出済みのカプセルが溜まったら捨てましょう。僕の持っている機種だと6~7個くらい貯められます。本体が大きいやつだとこのゴミ箱も大きくて倍量くらい貯められます。

開封の様子

f:id:joko0108:20210301135240j:plain

購入時の開封写真をぱらぱらとご紹介。

エアロチーノセットにしたので、箱の中に箱が入っていました。

f:id:joko0108:20210301135656j:plain

パッケージが洒落てる。

f:id:joko0108:20210301140200j:plain

ブランディング◎。

f:id:joko0108:20210301135805j:plain

f:id:joko0108:20210301140147j:plain

外箱は英語だけど、取説はきっちり日本語です。(僕は最初に隅々読んでおく派です)

f:id:joko0108:20210301140630j:plain

本体。僕のはエッセンサミニっていうやつ。

f:id:joko0108:20210301140636j:plain

シンプルに白色にしました。モノクロだからリビングに置いていてもいい感じに馴染みます。

f:id:joko0108:20210301140643j:plain

この注意シールを張りっぱなしにしてあるのが気になる性格なので、さっさと剥がします!(ノートパソコンのキーボード周りにスペックとかのシールが貼ってあるのを見るとその場で剥がしたくなってくる。だいたいダサい広告シールだし...。)

f:id:joko0108:20210301140716j:plain

こんなのを買っていたので使ってみました。

f:id:joko0108:20210301140810j:plain

するーっと入っていく。(今回の場合は手でも綺麗にはがせたかも)

f:id:joko0108:20210301140835j:plain

f:id:joko0108:20210301141003j:plain

うん、スッキリ美しいー!

f:id:joko0108:20210301141032j:plain

レバー部分は金具でできていて質感良いです。

f:id:joko0108:20210301141049j:plain

カップ受けとかのあたり。

f:id:joko0108:20210301141105j:plain

分解できるので、汚れたら丸洗い可能です。 

f:id:joko0108:20210301143937j:plain

こちらは試供品として同封されていたカプセルたち。

f:id:joko0108:20210301145642j:plain

エスプレッソに向いているものや、ルンゴ(エスプレッソより多いお湯量で抽出するやつ)に向いているものなど色々ありました。

 

普段どうやってカフェラテを作っているかは、別記事で紹介したいと思います。

 

以上、エスプレッソ導入のお話でした!かなりいいよ!

【指一本でロック解除】WindowsPCの指紋認証機能を2400円で後付けしました!

f:id:joko0108:20210422123824j:plain

デスクトップPCも指一本でアンロック。しかも後付け!

 

指紋で解除できるのって便利ですよね。寝起きの頭ですっからかんな状態でもかんたん。僕の持っているAndroidスマホも、WindowsノートPCも、仕事用のMacBookもぜーんぶ指紋対応。とにかく楽なんです。(あ、仕事用iPhoneは指紋対応してなかった...)

これまではメインPCであるデスクトップPCのロック解除はキーボードでパスワードを打っていました。一番使うパソコンなのに面倒だ!

Windows対応の指紋センサーを後付けできることに気がついて、良さそうなものをAmazonで買ってみました。

USB指紋認証リーダーって意外と安い

f:id:joko0108:20210219170614j:plain

USBに差すだけで使えます。お値段は2400円くらい。

f:id:joko0108:20210219165319j:plain

正直よく知らないブランドのやつだけど、ちゃんと使えました!

f:id:joko0108:20210219165624j:plain

すっごくシンプル、でもスタイリッシュ。

周りは金属でできていて高級感あります。2400円だけどね。

僕の環境の場合はUSBに指紋センサーを差すだけで使えました。ドライバーのインストールも必要なかったです。もし指紋センサーデバイスとして認識しない場合は、Amazonのレビュー欄を参考にドライバのインストールを試してみましょう。

f:id:joko0108:20210417112214j:plain

指紋認証をするときのコツは「ボタンのように押す!」です。

軽くタッチするんじゃなくて、指がセンサー部分に密着するようにペタっと押すのです。こうすると認識ミスはほとんど起きません。指をくっつけてWindowsのロックが解除されるまではほんの一瞬。スマホの指紋ロック解除と同じ感覚で使えました。キーボード入力するより絶対早い。

指をあどの角度から当ててもOK。複数本の指を登録しておけるので、右手の親指がポテチで油にまみれているときは中指を使うこともできちゃいます。

PCロック解除のストレスをなくそう

f:id:joko0108:20210417112447j:plain

ちなみにノートPCに取り付ける場合だとこんな感じになります。ちょっと出っ張るけれど邪魔というほどでは無いですね。

f:id:joko0108:20210417112156j:plain

こんなに安く導入できるならもっと早く買っておけばよかった。

ログイン時のキーボード入力が無いだけでかなり快適になりました!

生体認証 is 便利

 

15.6インチの4Kモニターを導入!ケーブル一本で接続できて自宅外でも2画面が捗る。Uperfect

f:id:joko0108:20210421171031j:plain

2画面モニターはとにかく作業が捗ります。

仕事作業の場合...

  • 片画面にはWebブラウザとSlackを表示
  • もう片画面には、もう1つWebブラウザと開発ツールを表示

という感じで、あれを見ながらこれを確認しつつ、この作業をする...というのがスムーズにできるのです。2画面環境に慣れすぎて1画面だと「うわぁぁぁ作業領域が狭い!」って感じるようになりました。一時期は3画面で作業していたこともあったけど、3画面を完全に活用しきるのは難しくて、モニターの配置スペースが無駄に感じたので2画面に落ち着きました。

持ち運べるモニターがほしい

自宅に作った仕事スペースではMacBookに27インチの4Kモニターを接続して使っています。

でもですよ、色々と課題を感じるようになりました。

  • デスクトップPCを使うときは27インチモニターしか使えない。
  • リビングにノートPCを持って行くときは、ノートPCの1画面しか使えない。
  • 実家に規制する時なんかは外部モニターが無くて常に1画面環境になる。

この課題の解決策がモバイルモニターです。

薄くて軽くて持ち運べる、それなのに綺麗な画面!

一昔前なら重くて大きくて高い液晶モニターを買うしかなかったのに、時代は進んでいますね。この世にはポータブルな4Kモニターが存在しているのだから。

www.monomono-blog.com

ケーブル1本で接続できて快適

f:id:joko0108:20210417142226j:plain

てことで、Amazonで売れていそうなモバイルモニターを購入しました!

これです。これです。Uperfect っていうところのモバイルモニター。

4Kで15.6インチ。めちゃんこ高解像度です。

f:id:joko0108:20210417142024j:plain

しかも、ノートPCとUSB-C一本で繋ぐだけで画面が使えます。

MacBookでもWindowsPC(僕のはMateBook 14)でも普通に使えました。

電源をノートPCから取ってくるのでその分バッテリー消費は激しくなります。なのでノートPCは充電しながら使うのが良いですね。

f:id:joko0108:20210417142505j:plain

どこででも2画面環境がゲットできるのだー!

ノートPCよりも、モバイルモニターの方が画面が大きいという逆転現象。

f:id:joko0108:20210417142545j:plain

iPhoneと大きさ比較するとこのくらいです。15.6インチはでかいぞ!

f:id:joko0108:20210417142608j:plain

しかも薄い。

f:id:joko0108:20210417142808j:plain

(ちょっと頑張れば)ノートPCと一緒にバックパックに詰め込んで持ち運ぶ事もできます。僕のバックパックのノートPC入れ場にはこの2つがギリギリ入りました。

www.monomono-blog.com

このバッグめっちゃめちゃ気に入っています。僕の人生で一つのバッグをこんなに長く使ったことはありません。バッグごと無くしたとしたらきっと同じバッグを買い直すと思います。大容量で最高に使いやすい!!!!

f:id:joko0108:20210417141325j:plain

モニターには各種設定もあります。お好みでコントラストを高めたりして楽しめる。

f:id:joko0108:20210417141335j:plain

ここで注意点。電力が足りない(=電源のワット数が足りない)状態で明るさを上げすぎると画面が落ちます。ノートPCとUSB-Cでつないだ状態だと明るさを100近くにしようとすると画面が落ちるのです。でも室内で使う分には明るさ70くらいでも十分なので「暗くて使えないじゃん」とはなりません。

どうしても明るくしたいときは、W数が高い充電器とモバイルモニターをUSB-Cで接続して、ノートPCとはUSB-CまたはminiHDMIで接続すればOKです。

保護カバーがついてるよ

f:id:joko0108:20200601172035j:plain

iPadっぽく見えますね。

f:id:joko0108:20200601172101j:plain

マグネットでガッチリくっついてます。

f:id:joko0108:20200601172137j:plain

同封されている保護カバーを使えば、こんな感じに立てられます。角度の微調整はできないので必要に応じてタブレットスタンドを用意すると良いかも。

f:id:joko0108:20200601171425j:plain

背面にはVESAの穴が付いているのでモニター用のポールを買って取り付けたり、壁にかけたりもできますね。

開封の様子をどどーんと

f:id:joko0108:20200601162751j:plain

さてさて、最後に開封時の様子をお伝えします。

f:id:joko0108:20200601162818j:plain

パッケージはちょっとしょぼい。

f:id:joko0108:20200601163417j:plain

絵と中身がかなり違って、ちょっとハズレ商品かなって警戒しちゃいますね。(でも本体の品質はいい感じだよ!)

f:id:joko0108:20200601163431j:plain

f:id:joko0108:20200601163455j:plain

ケーブルとかいろいろ入ってました。

f:id:joko0108:20200601163547j:plain

  • 本体
  • 保護カバー
  • USB-C 2本
  • miniHDMIケーブル
  • 充電用ケーブル(USB-A to USB-C)
  • 画面保護フィルム
  • 充電器
  • 取扱説明書

太っ腹~!

f:id:joko0108:20200601163644j:plain

「電力が足りないと画面がつかないことがあるよ、そのときは外部電源をつなげてね」的な事が書かれています。よく読んでおきましょう。

f:id:joko0108:20200601163629j:plain

Nintendo SwitchとかPS4とかとのつなぎ方例。

  • デバイス側がUSB-Cでの映像出力に対応しているならそれを使う。対応していないならminiHDMIで接続する。
  • USB-Cで繋ぐ場合は、電力が足りていれば1本でモバイルモニターが使える。それ以外の場合は外部電源をモバイルモニターに繋ぐ。

といった感じです。

f:id:joko0108:20200601163756j:plain

45Wの充電器(というかこの場合は給電器ですね)も同封されているけど、ちょっと品質が心配なので僕は使っていません。

モバイルモニターに限ったことじゃないけど、充電器周りはAnkerとかAUKEYとかRAVPowerとかの有名なメーカーのものを使うのがおすすめ。高出力だと特にね。

f:id:joko0108:20200601164013j:plain

ぺりぺり開封です。

f:id:joko0108:20200601164217j:plain

カバーはしっとりしていていい感じ。

f:id:joko0108:20200601164232j:plain

画面保護フィルムが同封されています。

f:id:joko0108:20200601164622j:plain

貼るためのヘラも付属しているので、ホコリの舞わない浴室などで慎重に貼りましょう。

f:id:joko0108:20200601164249j:plain

f:id:joko0108:20200601170816j:plain

調子に乗って強く押すと画面を割るヘマにつながるので要注意です...。

www.monomono-blog.com

f:id:joko0108:20200601171355j:plain

USB-C端子が2つ、miniHDMI端子が一つ。

f:id:joko0108:20200601171404j:plain

逆側に電源ボタンと操作ボタン(画面設定変更用)と、オーディオジャックが付いています。音はそれほど良くないけど、この画面の薄さでスピーカーまで内蔵されていて良い。

f:id:joko0108:20200601171417j:plain

裏側。マットな金属がフラットデザインで美しいです。

まとめ「モバイルな4Kモニターはすごいぞ」

f:id:joko0108:20200601172128j:plain

ということで、最近は自宅でサブサブモニターとして使っています。

WindowsデスクトップPCを使うときもDELLの27インチモニターとこのモバイルモニターで2画面化できたし、いざというときは家の外に持っていくこともできる。うん、便利便利!

ちょっとお高いけど満足感が高いモバイルモニターでした。

 

食洗機に突っ込めるフィットカットカーブのキッチンバサミを導入した

f:id:joko0108:20210417111326j:plain

刃を外せて洗えるキッチンバサミを導入しました。

"切りやすいハサミ"として有名になったフィットカットカーブの料理版。これを選んでおけば間違いない!

今までは普通のハサミを使ってたけど

f:id:joko0108:20210329144028j:plain

開けにくい食品パッケージを開けたり、包丁だと切りづらいヘロヘロのワカメを切ったりしたくて、とりあえず普通のハサミをキッチンに常駐させて使っていました。

でも文房具的ハサミだから、薄い普通の刃でちょっと頼りない。

刃を分解することもできなくて汚れが心配。

f:id:joko0108:20210329144041j:plain

この接続部分の汚れとサビが気になってきたのです。

とりあえずキッチンにハサミを置くと便利なことは分かったので、ここらでちゃんとしたキッチンバサミを買うことにしました。

実は1000円くらいで買えるのだ

f:id:joko0108:20210329143811j:plain

僕はキッチンバサミの選び方ポイントについてのノウハウが全然ありません。

Amazonでキッチンバサミ散策をして

  • 知っているメーカーである
  • レビュー数が多い
  • 評価が良い

というものをチョイスしました。

よく分からないときは他人に頼るのが正解ですね!有名なメーカーの場合はサクラレビューもほぼ無いので、素直にレビューを信じます。(逆にサクラが多い中華系レビューの場合は悪評価レビューのコメントだけ信じてる。いい評価はたいてい業者の自社レビューだ)

f:id:joko0108:20210329143719j:plain

オフィス用品を作っているプラス株式会社のキッチンバサミ。信頼度は最高。

f:id:joko0108:20210329143728j:plain

海苔、昆布、肉、野菜、ワカメ、タコ、麺類、紙パック、食品パックなどが切れるらしい。

「これは固いだろう」と思うのは刃が痛むからNG。無理して切るなよってことですね。

f:id:joko0108:20210329143730j:plain

f:id:joko0108:20210329143829j:plain

  • フィットカットカーブならではのベルヌーイカーブ刃だから切りやすい。
  • ギザギザな刃で滑りづらい。
  • 汚れが落ちやすい加工
  • 分解して洗える
  • しかも食洗機対応!(これ大事!)

f:id:joko0108:20210329143937j:plain

分解して食洗機の箸置き場に立てて洗えば、刃と刃の間に入ってしまった汚れも綺麗サッパリ落とせます。

良いキッチンツールを手に入れたので、また料理の腕を磨いていきたいと思っています。

やる気を出して料理を学ぶ期間→惰性で料理をする期間→渋々料理する期間→やる気を出して料理を学ぶ期間→...という感じ。

でも「時間をかけてフレンチを作る」とか「朝から煮込んで豚骨ラーメンを作る」とかじゃなくて、「いかに毎日の食事を効率よく美味しく飽きない料理を作れるか」なんですよね。

定期的にスキルをアップデートしていくぞ。

もっと便利にしたいから!第二種電気工事士試験を受けることにしました。

f:id:joko0108:20210412160551j:plain

いつかやってみたいと思いながら、ずっと「いつか」のままにしていることってありますよね。僕が思っていたのは第二種電気工事士の資格でした。やりたいなぁと思って本屋で立ち読みしてみるんだけど、そっと棚に戻してしまう、そんなことを2年くらい前から何度か繰り返していました。

今日は暇だなぁーと思ったある日曜の朝。突然なにかを学びたくなりました。

電気工事士資格のホームページを見てみると、ちょうど上半期の試験の申込期間。とりあえず申し込みをしてから参考書を買いに本屋へと向かったのです。

資格があれば家を便利にできる

f:id:joko0108:20210403123053j:plain

電気工事士という資格。国家資格!これを持っていると自分の家のコンセント周りの工事ができるようになります。

たとえば...

  • 古い型の壁のスイッチを、おしゃれなスイッチに取り替えることができる。
  • 壁掛けテレビの後ろの壁に、コンセントを追加で取り付けることができる。
  • 部屋の好きな場所の壁に、有線LANケーブルの口を設けることができる。
  • 既存のコンセントに、テレビのアンテナ用の口を設けることができる。
  • 壁に直接USBを差して充電できるようにできる。
  • 壁に人感センサーを埋め込んで、人が通ると明かりをつけられるようになる。
  • 駐車場に防犯カメラを設置するときの電源を壁の中から引っ張り出せる。

などなど。壁とコンセントと電源に関するDIYができるようになる!

 

ちなみに今の僕の住まいは賃貸マンションです。資格を得たとしても勝手に工事をするこはできないので、資格を取れたらまずは実家の古くなったコンセントの交換とかLANの配線をやってあげようかなと思います。

f:id:joko0108:20210403124358j:plain

(壁の裏にLANケーブルを通して、コンセント部分にこんな口をつけたい)

将来、マイホームでの作業もできるようになる。予定は全くないけれどね。

新築を立てた後の人の話で「ここにコンセントをつけておいたら便利だったー」というのを良く聞くけれど、そんな場合にも「じゃあ自分で追加しちゃおう」とできちゃうわけです。

DIY好きとしては持っておいて損はない、そんな資格。

資格ゲットまでには4万円くらい

f:id:joko0108:20210412154150j:plain

  • 参考書: 6千円
  • 実技試験の工具と練習部品: 2万円
  • 受験料: 1万円

受験料の他に、参考書や実技試験で使う工具も必要です。全部で4万円くらいみたい。英語検定とか基本情報技術者試験に比べると高いけれど、今後の工事費を浮かせられるのであれば元はとれそう。

たとえば「あの壁にコンセントを新規で追加したいなー」と思った場合、工務店に頼むと1箇所1万円前後かかる。既存のコンセントの口数を増やすだけでも5千円前後かかるみたい。スイッチを取り替えたりLANケーブル配線したり...と複数箇所の工事を考えると4万円なんて軽く超えそうですよね。

 

ちなみに合格率は60%ほど。ちゃんと勉強していれば独学でも十分合格できるみたいです。学習を進めているところだけど、難易度的には自動車の普通免許と同じくらいかな。

申し込み→筆記試験→筆記に通ったら1.5ヶ月後に実技試験...という流れです。

勉強を初めて3週間の現在

f:id:joko0108:20210412153728j:plain

まずは緩いところからスタートすることで挫折しないようにしました。

  • 学習全体の流れが分かる漫画を読む
  • 教科書を読む
  • 電気の基本の解説本を読む
  • 問題集を解きながら暗記項目を頭に入れていく(←いまここ)

という流れ。

教科書を読んでよく分からないところはネットで検索するとWebページが見つかります。「なんのこっちゃ?」なところはYouTubeで解説動画を見て理解していく感じ。

なんだか、こうやって勉強するのは学生以来ですね。懐かしいー。自作の語呂合わせで覚えたりね。

 

初めての国家試験ゲットに向けて数ヶ月頑張るぞー。

 

美しいKINTOのティーポット。見た目は良いがイラッと使いづらい問題...

f:id:joko0108:20210314152401j:plain

好きな雑貨ブランドはありますか?僕はKINTO製品が好きです。

陶器やガラス製品が多くて、スタイリッシュで邪魔にならないデザインにはうっとりします。

f:id:joko0108:20201231205741j:plain

そんなKINTOなのですが、今回買ったティーポットは失敗でした。

見た目は美しいんだけどとにかく使いづらい...。使っていてイライラする。

実物を見なきゃいけないね

f:id:joko0108:20201231205150j:plain

近くのショッピングモールに行ったときに、僕の奥さんが「さっきKINTOのティーポットあって買おうか迷ったー」と言っていたので「だったらAmazonで買っちゃおうよ。見た目いい感じだしKINTOだし。きっと良いはず」という流れで衝動買いしました。

僕は実物を見ることなく、Amazonのレビュー欄も読まずに、商品写真とKINTOへの絶大な信頼感で購入判断をしたわけです。これがダメだった。

f:id:joko0108:20201231205401j:plain

翌日届きました。3つの部品で成り立っているティーポット。

これです。

f:id:joko0108:20201231205415j:plain

三角錐になっている茶こし部分がかっちょいい。

f:id:joko0108:20201231205512j:plain

透き通ったガラスのポットに差し込んで使います。

 

f:id:joko0108:20201231205533j:plain

って蓋が落ちるやないかーい!!!!!!!

蓋はふわっと乗っかっている状態なので、注ごうとすると滑る滑る。油断すると蓋が落ちてグラスを直撃します。下手したら激熱のお茶が机の上にドバーッっと広がるというね。

f:id:joko0108:20201231205604j:plain

「じゃあ指で抑えるようにすればいじゃん?」と思いますよね。(というかそれくらいしかできないし)

熱いお湯を入れた状態で使うので、その熱がダイレクトに蓋にも伝わっているんですよ。熱された蓋を指で抑えると熱くてツラい。

注ぐたびに気をつけなきゃいけない時点で面倒。これは...し...しっぱいか。

もったいないので2ヶ月くらいは使うけど、その後はサヨナラする予定です。

失敗から学ぶことが重要

f:id:joko0108:20201231205616j:plain

「あーダメだったねーショック」だけで終わっちゃダメですよね。

次回に活かすことができるように心に刻んでおかねば。

f:id:joko0108:20201231205717j:plain

  • 急須を注いだときに蓋が落ちるのは超絶使いづらい!
  • レビューはちゃんと読もう。Amazonのレビュー欄の先頭に書いてあったよ。「蓋が落ちる、滑る」って。
  • できれば実物を手にとって、使い心地を判断してから購入するかを考えたい。

今回の失敗でひとつ学んで成長したので良しとしよう。 

 

それでもKINTOが好きな気持ちは変わりません。他の製品は良いものたくさんあるし、どれも見た目は好みだもの。これからもKINTOの新商品を楽しみにしてますよ。

 

 

 

ダブルウォールグラスは最高です!一年中使えますよ。

次買うならこのへんだな。蓋が落ちないやつ。