ものものブログ

ものものブログ

買ってよかったもの、毎日の生活の向上、デジタルガジェットについて、たくさんの写真で紹介するブログです。

美味しいホットケーキを作って、奥さんに褒められた〜い!

f:id:joko0108:20181109011546j:plain

少し遅めに布団の中で目覚める日曜の朝。

冬が近づきひんやりとした寝室の空気。

ゆっくりと瞼を開けると隣の布団は既に抜け殻のよう。

そして、ほんのりと香ってくる甘い香り。

「うーん...これは...ホットケーキだ!」

寝起きでもすぐに分かるホットケーキの香り。

「ベッドから起き上がってキッチンの様子を見に行こうかしら。だけど、あと少しだけ布団に包まれていたい気分でもある。」

悩んでいるうちに、また夢の中...。

 

たまにはそんな優雅な朝のひと時をプレゼントしてみたい!いつも早朝に出勤する生活の奥さんにプレゼントしたい!

休日の朝に、そんなことを思いながらホットケーキを作ってみました。

 

というわけで、今回はAmazonで絶大なる高評価を受けている「極もちホットケーキミックス」を作ってみましょう。モチッとおいしいよ。

たぶんきっとこの記事で写真を見ると無性に食べたくなってくるはず...!ホットケーキに潜む不思議な魔力ですね。

やってみたかった「真上からの撮影」

f:id:joko0108:20181109011602j:plain

手元を真上から撮りながら、料理してみたかったんです。

f:id:joko0108:20181109011548j:plain

戸棚にゴリラポッドを刺して、簡易的に設置してみました。

f:id:joko0108:20181109011549j:plain

ホットケーキミックスに落ちたら大惨事だけど...。ガッチリ設置して動かないことを確認してますよ。

そしてリモコンはというと...

f:id:joko0108:20181109011550j:plain

両手で作業しながらになるので、久々に自作のフットスイッチを使いました。便利便利。

www.monomono-blog.com

f:id:joko0108:20181109011544j:plain

日清「ホットケーキミックス 極もち」です。パッケージがゴージャス。

f:id:joko0108:20181109011543j:plain

特に確認せずにAmazonでポチったのですが、届いてから2個入りだったことを知りました。

f:id:joko0108:20181109011545j:plain

小袋180gが3パックずつ入っています。

つまり、2袋だと12cmのホットケーキが24枚できあがります。しばらくはこれで生きていけますね!

f:id:joko0108:20181109011547j:plain

作り方をチェック!

  • 牛乳

これだけあればいつでも美味しいホットケーキが食べられます。あっ、あとバターとシロップもあるとなおよし。

クッキングスタート!

f:id:joko0108:20181109011603j:plain

っかっ

f:id:joko0108:20181109011604j:plain

ッパ!

卵を割ります。

f:id:joko0108:20181109011605j:plain

牛乳を入れます。

f:id:joko0108:20181109011606j:plain

f:id:joko0108:20181109011607j:plain

混ぜるべし!

f:id:joko0108:20181113002437g:plain

シャカシャカシャカシャカ♪

f:id:joko0108:20181109011613j:plain

ミックスを投入!

f:id:joko0108:20181109011614j:plain

すっごいきめ細かいのです。

f:id:joko0108:20181109011615j:plain

f:id:joko0108:20181109011616j:plain

この液体って舐めると美味しいんですよね。

小さい頃は「そんなの舐めたらお腹壊すよっ!」って母に怒られました。今なら舐め放題だ!...ダメか 笑

ここまであっという間、写真を撮っていなければ5分で終わります。作るの簡単。

f:id:joko0108:20181109011621j:plain

あとは焼くだけ。

f:id:joko0108:20181109011622j:plain

1/4くらいをすくい取って...

f:id:joko0108:20181109011623j:plain

高めの位置からドロップイン!きれいに丸くなるらしい。

f:id:joko0108:20181109011624j:plain

f:id:joko0108:20181109011620j:plain

「ふむふむ、なるほど」

f:id:joko0108:20181109011625j:plain

直径が12cmがベストらしいので、手のひらで計測しています。あちちちちっ!

f:id:joko0108:20181109011552j:plain

ホットケーキに見えないくらい、ぷっくりふわふわになってきた!たっのしみ〜!

f:id:joko0108:20181109011551j:plain

ここで焦っちゃいけません。

弱火で焼くのが最大のコツ!

f:id:joko0108:20181109011627j:plain

おいで!バタコさん。

f:id:joko0108:20181109011626j:plain

おいで!シロップ。

f:id:joko0108:20181109011628j:plain

「うん、片面焼けたなっ!」

f:id:joko0108:20181109011629j:plain

せぇーのー!と1人でホットケーキに話しかける日曜の朝。

f:id:joko0108:20181109011630j:plain

せーのっ!

f:id:joko0108:20181109011631j:plain

ぺろんっ。美味しそうだ!

f:id:joko0108:20181109011632j:plain

裏面を焼いている間にコーヒーを作りましょうか。

f:id:joko0108:20181109011633j:plain

時間を気にせず作る朝食って楽しい。

f:id:joko0108:20181109011634j:plain

良いですね!

f:id:joko0108:20181109011635j:plain

とても良いですね!

f:id:joko0108:20181109011636j:plain

コーヒーも出来上がりました。(真上からだと分かりづらい)

f:id:joko0108:20181109011637j:plain

焼いてから上に乗せたバターが溶けなかったので、ここでガスバーナーの出番です。

グラタンとか、秋刀魚焼いた後に直火で炙ったりできて、たまにすごい役立つすごいやつ!

f:id:joko0108:20181109011638j:plain

「かんせーい!」

もちもちホットケーキ

f:id:joko0108:20181109011553j:plain

多少直火で焦げましたが...

f:id:joko0108:20181109011555j:plain

上手にできました!

f:id:joko0108:20181109011554j:plain

まずは一枚いただきまーす!

f:id:joko0108:20181109011557j:plain

f:id:joko0108:20181109011558j:plain

f:id:joko0108:20181109011559j:plain

これまで作ったことのある某ホテルブランドのホットケーキよりモチモチ感ある!

「焼いたものを冷凍しておいて、食べる時にはレンジでチン」という技も使えるので多めに焼いちゃってもオッケーですね。 

ちなみに2枚目は焦って失敗

f:id:joko0108:20181109011600j:plain

1枚目を食べて美味しかったものだから、中火でフライパンやったら焼きすぎました。

あんなに美味しいホットケーキが、ほんの少し焦げるだけでイマイチになるものだから、これまた不思議。油断大敵。

まとめ「おはよう。ホットケーキはいかが?」

f:id:joko0108:20181109011541g:plain

f:id:joko0108:20181109011542g:plain

しばらくして、香りにつられて奥さんがやってきました。

布団の中で「ホットケーキにするか、二度寝をするか...」という幸せな選択があったかは分かりませんが、2人仲良く食べられましたとさ!

おしまい。

リビングで作業するために、8000円のIKEAデスクFJALLBOを導入した。

f:id:joko0108:20181107222746j:plain

おしゃれで快適な作業環境が自宅にあるのって憧れますよね。僕はイケてる書斎が欲しいです。

...欲しいのですが実際のところそんな優雅な部屋はありません。

あったとしても書斎に引きこもってしまったら「新婚なのに一日中顔を合わせない」なんて事になりかねませんからね。そりゃいかんぞ。

 

これまではリビングのダイニングテーブルでブログを書いていたのですが、ついにマイ作業場デスクをゲットしました。

税込み7999円というIKEAらしい安テーブルです。なんとリーズナブル!

  • 自分だけのデスクが欲しい。
  • でも一人で部屋に籠ると家庭内コミュニケーションが疎かになる
  • かと言って、リビングはそんなに広くないから大きなは置けない。

と悩んでいたところ、IKEAで良さげなデスクに出会ったのでした。

(悩んだ1週間後には買ってた)

 

リビングの隅に置いて、夕飯後には奥さんと同じ部屋で過ごしながら編集作業。これが理想図。

そしてリビングに置くので...

  • シンプルな見た目で安っぽくない。
  • できるだけ邪魔にならない。
  • 外部モニターを置けるスペースは必要。
  • 移動しやすい重さ。

を重視する必要がありました。

組み立てが楽しい

土曜の夕方、「リビングの片隅に置かせていただけないでしょうか?」と奥さんに承認を得た僕は、颯爽とIKEAへ。

売り場からレジへ最短ルートで直行!

f:id:joko0108:20181107222659j:plain

配送代は高いので自力で持って帰ってきました。マイビニール紐とハサミを持って行って担げるように工夫しました。

f:id:joko0108:20181107222700j:plain

大きさはこのくらい。箱の大きさ==天板の大きさ

f:id:joko0108:20181107222701j:plain

ふじゃるぼ。

f:id:joko0108:20181107222713j:plain

「ふぃゅあるっっぼっ」...読めん!

レシート見たら書いてあった「フィエルボ」って読むらしいです。

f:id:joko0108:20181107222702j:plain

iPhoneと同じくらいの幅、机が入っているとは思えないほど薄いです!

f:id:joko0108:20181107222703j:plain

ではいつもの通り包丁で開封していきましょう。

f:id:joko0108:20181107222704j:plain

パカリ

f:id:joko0108:20181107222705j:plain

f:id:joko0108:20181107222706j:plain

f:id:joko0108:20181107222709j:plain

すごくシンプルな部品ばかり。

f:id:joko0108:20181107222708j:plain

この梨地塗装がいいですねぇー!

f:id:joko0108:20181107222710j:plain

f:id:joko0108:20181107222712j:plain

「さて、ではこれらを組み立てていこうか。」

f:id:joko0108:20181107222714j:plain

いつも思うんだけど、作り方がわからなくなった時に電話しても、どうやって解決するんでしょうか...?

「そちらにコの字の部品ありますよねー。それを机のぽっちにはめてくださいー!」みたいな?

(図の人をよく見てみると、IKEAに設置してある受話器を家まで引いてきて電話してる...)

f:id:joko0108:20181107222715j:plain

組み立てずはほぼ文字がなく、フィーリングで作っていくやつですね。

f:id:joko0108:20181107222716j:plain

すぽっ。

f:id:joko0108:20181107222717j:plain

若干立て付けがよろしくない気がする...。

f:id:joko0108:20181107222718j:plain

ひと袋にネジがダバーっと入れられていて結構不親切。

f:id:joko0108:20181107222719j:plain

仕分けする所から始めなきゃね。

f:id:joko0108:20181107222720j:plain

あと、電動ドライバーが使えない端っこのネジは手で締める必要がありました。

f:id:joko0108:20181107222721j:plain

こちらが天板。

f:id:joko0108:20181107222722j:plain

f:id:joko0108:20181107222724j:plain

下穴がないので、木ねじを直に打ち込みます。ワイルドだろぉー

f:id:joko0108:20181107222723j:plain

ずれないようにして慎重に...!

f:id:joko0108:20181107222726j:plain

ぐらつき防止の金具を付けます。

f:id:joko0108:20181107222725j:plain

ね、ちょっと位置ずれてますよね。穴の位置に来るように力を入れてどうにかしました。IKEA品質。

f:id:joko0108:20181107222727j:plain

そして、ここには...

f:id:joko0108:20181107222728j:plain

木の部品を差し込みましょう。

f:id:joko0108:20181107222730j:plain

車輪の完成!

f:id:joko0108:20181107222731j:plain

最後に小物を置くための板を設置しましょう。

f:id:joko0108:20181107222732j:plain

以上で完成。作業時間は30分ほどでした。ちょろいぜ!

完成したので設置!

f:id:joko0108:20181107222733j:plain

シンプルだけど、アイアン脚と木製の天板がいい感じですね!

f:id:joko0108:20181107222734j:plain

さらっとした手触りで結構上質。

ちなみに完全な無垢板ではなくて、突板(中は空洞)のようです。

f:id:joko0108:20181107222736j:plain

ざらっとした梨地塗装がされているので、安っぽくテカテカ光りません。ちょっと高級家具に見える。

f:id:joko0108:20181107222738j:plain

これまで丸テーブルで使っていた椅子を置いてみたらデザインピッタリ!

ちなみに椅子は内田洋行というブランドで一脚5万円...のを、2年前に中古格安で購入したもの。結構重いやつ。

f:id:joko0108:20181107222739j:plain

机に手をかけて引っ張れば...

f:id:joko0108:20181107222741j:plain

片方がローラーになっているので(一応)引っ張ることができます。

でも引っ張るとキリキリという不快な音がなるのであまり引っ張りたくない。普通にキャスターの方が便利かも。

f:id:joko0108:20181107222745j:plain

このようにスッキリしたデスクとして使えそうです!

f:id:joko0108:20181107222743j:plain

省スペースな分、若干奥行きは短いけれど数時間の作業ならそれほど問題ありませんでした。飲み物を置くこともできるし!

まとめ「8000円にしては上出来!」

f:id:joko0108:20181107222744j:plain

これで作業がはかどるはず!

  • 見栄えが良い。
  • ちゃんと作業ができる。
  • でも省スペースなので、リビングにも置ける。
  • IKEAから手持ちでもって帰れる!

そんな作業デスクを探している方は、ぜひ候補にしてみてくださいね。

 

【LINEスタンプが沢山もらえる!】電子マネー使ってるならGooglePayを使わなきゃ損!

f:id:joko0108:20181108002434j:plain

登録しとくだけでLINEスタンプ買えるくらいのGooglePlayポイントが(ほぼ確実に)当たります!

今回は60回引いてみて、何円分が当たるのか試してみました。

Androidで電子マネーを使っている人は登録しておきましょう!

  1. AndroidにGoogle Payをインストール
  2. アプリ内でSuica、Edy、nanaco、WAONなどを紐付け
  3. 普通に電子マネーを使う生活をする
  4. くじが引ける
  5. →めちゃ当たる!

スーパーでも、コンビニでも自販機でも、電子マネーを使うだけでオッケーなのがいいですね!無意識でいつの間にか抽選権が溜まっているのです。

「ピッで当てよう」の当選率が高い!

f:id:joko0108:20181107222749j:plain

これですこれです!

 

Google Pay – 「ピッで当てよう」 – 向け規約 には「抽選対象となる支払いは1日5回」とあります。

つまりある一日にSuicaを使って自販機でコーヒー10本買っても、抽選券は5回だけってことですね!

(あれ、自分宛てのAmazonギフト券を電子マネーでチャージすれば、買い物しなくても毎日5回分の抽選ができそうということに気づいてしまった...!)

f:id:joko0108:20181107222750j:plain

僕は1ヶ月の間溜めたクジを引いてなかったのでまとめて引いてみる事にしますね!

f:id:joko0108:20181107222751j:plain

ドキドキ。

f:id:joko0108:20181107222752j:plain

箱が飛び跳ねるアニメーションの後に結果が!

f:id:joko0108:20181107222753j:plain

「抽選にエントリーしました!」

えーっと、分かりにくいですが、つまりはハズレです。

その後の結果...

f:id:joko0108:20181108001029j:plain

「今回は調子悪いのかなー」なんて思っていると...

f:id:joko0108:20181107222754j:plain

でん!

地味に嬉しい50円ゲットです!

さらに56回引きました!

f:id:joko0108:20181108001032j:plain

50円、200円、200円、50円が当たりましたー!

今回の当選確率は5/60で8%。現金同様のポイントが当たる企画にしてはかなり確率高いのでは!!!

Googleさん、販促費相当かけてますねー。ありがたい!

f:id:joko0108:20181108001031j:plain

今回当たった合計は550円、LINEスタンプなら2個買えますね!やった!

f:id:joko0108:20181108001030j:plain

ちなみに50円〜5000円が当たるんですが、以前奥さんは5000円と2000円を当ててました!GooglePlayポイントの残高が200円から1万円超えに...よっ!大富豪!スタンプ購入が忙しいですね!

まとめ「Androidユーザーならぜひ!」

f:id:joko0108:20181108005356j:plain

ちなみに当たったポイントで買ったスタンプは母と姉にプレゼント🎁ちゃんと使えるかな?

f:id:joko0108:20181108152959j:plain

ということで「Androidで電子マネー使っているならぜひGooglePayをインストールしてセットアップしておきましょう!」というお話でした。当たれっ!

【レーザーカッター地図】エンジニアらしい結婚式アイテムを自作しました!#2

f:id:joko0108:20181101215942j:plain

結婚式は無事に終わったのですが、レーザーカッター地図が書きかけになっていましたね!

今回は組み立て作業について書いていきます。

↓前回の記事です。

www.monomono-blog.com

www.monomono-blog.com

細かな切り抜きを取るのが大変

f:id:joko0108:20181101215947j:plain

レーザーカッターで切り抜いた部分はこのようにポロポロと落ちていきます。

f:id:joko0108:20181101215948j:plain

よく見てみると小さな部分は落ちてませんね。

まずはこれらを落としていきましょう!

f:id:joko0108:20181101215949j:plain

f:id:joko0108:20181101215950j:plain

デコピンしてみたり、紙ごと振ってみたりしました。

f:id:joko0108:20181101215952j:plain

結構落ちる!

f:id:joko0108:20181101215951j:plain

「隊長!振りすぎたせいで両国橋が崩壊しました!!」

雑に扱うとこうなります。注意しましょう。

f:id:joko0108:20181101215953j:plain

あとはピンセットで抜いていくという地道な作業なのです。

f:id:joko0108:20181101215954j:plain

ちょこまか、ちょこまか。

海外ドラマを見ながらひたすら取っていきます。

 

そして2時間後...

f:id:joko0108:20181101215955j:plain

だいぶ取れました〜!なんかアブラムシを退治しているような気分。

(指が痛くなったのでもうこれ以上は諦めました)

組み立てよう

f:id:joko0108:20181101215943j:plain

浅草橋のウェディングなショップで見つけた額縁を使います。2300円くらい。

 

www.monomono-blog.com

 

f:id:joko0108:20181101215944j:plain

f:id:joko0108:20181101215945j:plain

ちょっと立体感のある額縁です。

f:id:joko0108:20181101215946j:plain

パカっと開けて中に入れていくことができます。

f:id:joko0108:20181101215956j:plain

背景に使うのはキラキラの紙。

f:id:joko0108:20181101215957j:plain

持って帰ってくるときに二つ折りにしたせいで、ど真ん中に折り目が入ってしまった...。っまいっか。

f:id:joko0108:20181101215958j:plain

試しに置いてみると良い感じ!

f:id:joko0108:20181101215959j:plain

このまま貼ってもいいのですが、せっかく切り抜いてあるので立体感を活かせるように配置していこうと思います。

f:id:joko0108:20181101220001j:plain

「激落ちくんスポンジー」

家をあさったらいい感じの部品を見つけたのでこれを使います!

f:id:joko0108:20181101220002j:plain

額縁の高さを測って、だいたい1/3くらいの高さになるようにスポンジを切っていきます。

f:id:joko0108:20181101220003j:plain

サクッ。

f:id:joko0108:20181101220004j:plain

ちょっと雑だけど、これで良いのだ!

f:id:joko0108:20181101220008j:plain

これをどうするかというと...

f:id:joko0108:20181101220011j:plain

ボンドで地図の端っこ裏面に貼り付けます!

f:id:joko0108:20181101220007j:plain

f:id:joko0108:20181101220012j:plain

7mmくらい浮かせることで、影が写って立体感が増す!という作戦。

f:id:joko0108:20181101220006j:plain

さらに、鉄道レイヤーも同様にくっつけましょう。

f:id:joko0108:20181101220009j:plain

f:id:joko0108:20181101220014j:plain

f:id:joko0108:20181101220005j:plain

(あー、ちょっと貼る位置が適当でしたね。でもきっと大丈夫ですよね。)

f:id:joko0108:20181101220015j:plain

端っこがちゃんと重なっていれば、紙自体の重さには耐えられると思います!

f:id:joko0108:20181101220010j:plain

ちなみにこのハートはレーザーカッターではなく、奥さんに手で作ってもらいました。

僕が「愛情がこもってるんだよね〜?」と聞いたところ、「あっ、普通に切ったよ。」とのことでした...。

...たぶん照れ隠し。うん、きっとそうに違いない!

f:id:joko0108:20181101220016j:plain

スポンジをハートの形っぽく切り出して...

f:id:joko0108:20181101220017j:plain

裏に貼ったら...

f:id:joko0108:20181101220018j:plain

線路の上にそっと貼り付けます。

ちなみにこのハートは式場の場所を表しているんですよ!

ボンドが乾くまで1日放置して完成です。

オリジナル地図が完成しました!

f:id:joko0108:20181101220019j:plain

やったーー!完成したー!

自宅の壁に取り付けてみましょう!

f:id:joko0108:20181101220020j:plain

でーーーん!

f:id:joko0108:20181101220021j:plain

東京駅周辺。

f:id:joko0108:20181101220023j:plain

線路の影が街に落ちていていいですね。肉眼だともっと立体感あって「すごー!」ってなるはず。

f:id:joko0108:20181101220025j:plain

たぶんスカイツリーあたりです。

f:id:joko0108:20181101220030j:plain

アクセントのハートもかわいい。

f:id:joko0108:20181101220027j:plain

自分で作成した証として、右下に小さく挙式日を入れておきました。

f:id:joko0108:20181101220026j:plain

下部分はスポンジがちょっと見えちゃったけどね。白だからいいよね!

まとめ「予想以上の力作となりました」

f:id:joko0108:20181101220032j:plain

せっかくなので記念撮影!

いやぁ 〜レーザーカッター使ったら簡単にできると思ったけれど、実際にやってみたら合計12時間以上かかっています。めちゃ大変でした。

もし、チャレンジしようと思っている人がいたら相当の覚悟が必要です。まさにアート作品を作る感じです。

f:id:joko0108:20181101220029j:plain

以上「結婚式のウェルカムグッズとしてレーザーカッターで地図を作ってみたよ」というお話しでした。

ものづくりって楽しい!

エンジニアと保育士のスキルを活かして、結婚式をしてきました!

f:id:joko0108:20181106010342j:plain

僕と奥さんの結婚式が完了しました!

エンジニアの新郎と保育士の新婦ということで、二人ともモノづくりが好きなので、色々と作って準備を頑張りました。

 

同棲を開始した時からこのブログを始めて、プロポーズ計画報告とか、両親への挨拶旅行結婚指輪作り入籍した日式場探しウェルカムグッズ作成など色々と紹介してきましたね。

何件も回った式場探しも、ウェルカムグッズづくりも、打ち合わせのため式場と家の往復も...準備全てがとてつもなく大変でした。休日も常に「式のやることやらなきゃ」と焦っていて、「あとちょっと頑張ったらおしまいだからね!がんばろうね!」と励ましあって、なんとか終えられた結婚式。

やることに追われてものすごく大変だったけど、やっぱり式当日はとても楽しかったです!「なんなら式なんてやらなくても良いんじゃないかなー?」なんて思ったこともあったけど、絶対やって良かった!

挙式のリハーサルして、写真撮って、式やって、披露宴して...と楽しい時間はあっという間に過ぎて、気づけばお開きとなりました。

式を終えた僕たちはまるで受験を終えた学生のような達成感でいっぱいです。

その一方、式関係者の方から言われる「ご結婚おめでとうございます!」とか、「ご新郎様、ご新婦様」と呼ばれなくなるのがどこか切ないですね。

「あぁ、もう新郎新婦じゃなくて、郎と婦だねぇ〜」なんて言ってみたり。

今回は私事ですが、結婚式の前日からの様子を少しだけ紹介させてください。

前日ギリギリまで編集作業してた

f:id:joko0108:20181106001131j:plain

披露宴で流すプロフィール動画は僕が自分で作ったのですが、前日の朝まで慌ただしく修正をしていました。

ムービー中では洋楽を流すのですが、それが決まったのが式の2日前でして、そのタイミングとか、原盤CDの購入とか、動画のタイミングばバグってたりとか本当にドタバタな前日!

前日は式場近くのホテルに泊まるので、地元から上京してくるお互いの両親を迎えるためにもとりあえず家を出発。

f:id:joko0108:20181106001147j:plain

移動中の電車内でもMacを開いて動画の書き出し作業をしていました。どんだけギリギリなんだ 笑

f:id:joko0108:20181106001138j:plain

僕の家族と奥さんの家族が同じホテルだったのですが、僕はこんな感じの一人部屋でした。ビジネスマン向きの部屋。

 

f:id:joko0108:20181106001139j:plain

ベッドの上にはコアラのマーチクッション。

f:id:joko0108:20181106001140j:plain

ホテルに着いたら早速書き出した動画をDVDに焼く作業です。

またこのDVDがMacからmovデータで書き出したDVDだと式場でうまく再生できなかったり、DVD動画として書き出すと画質が圧倒的に悪化したりと本当に苦戦したのでした。Blue-rayに焼くのが正解なのかもしれないけれど、一度のためにソフトが数千円したりね。

f:id:joko0108:20181106001142j:plain

その後、原盤CDとムービーDVDなどを式場に渡しに行っていたら、あっという間に夜になりました。

f:id:joko0108:20181106001143j:plain

近くのレストランで両親と3人の食事。この夏は沖縄一人旅に行っていたので岐阜には帰っておらず、久しぶりの親子の食事でした。

滅多に飲まないビールで乾杯です。

「結婚とはだな...」とか言う話をしたわけでなく「気楽にしてて大丈夫だよ〜」という励ましを貰いました。(親の優しさですね)

 

ここで式場から電話が来て「先程受け取ったプロフィールDVDを再生してみたところ、再生時にカクツクのでどうしましょうか?」と。

おぉ、困った。本当に困った。

結局僕のMacを繋いで再生するけど、式関係者は(私物なので)操作できないため、父親に再生操作をしてもらう事に。

Macなんて触った事ないし、PCだって上手く扱えない父親による動画再生。果たして問題なく上手くいくのか...!

父親には「スペースキーを押すだけで再生始まるから」と伝えたけれど「スペースキーこれだっけ?」という不安すぎる質問が返ってきたのでどうにか工夫しました。 

f:id:joko0108:20181106001146j:plain

ホテルに置いてあるメモ帳に書いて、スティックのりで貼り付けるという力技でなんとか...なるはず!本番までドッキドキです。 

f:id:joko0108:20181106004321j:plain

ホテルに戻ったら、両親のテーブル挨拶はどの順番で回るかとか、受付役をやってくれる友人へ連絡とかを奥さんと二人で調整。本当に直前まであれこれありますね!

f:id:joko0108:20181106004322j:plain

これまたあっという間に23時に。

f:id:joko0108:20181106001148j:plain

前日朝まで動画に手こずっていたせいで、ウェルカムスピーチと謝辞スピーチのカンペができておらず、ホテルで焦って書きました。

スピーチ内容を一部変更したりで、もう暗記は諦めることに。カンペを読むのはちょっとかっこ悪いけど仕方がないよ!

なんだかんだで深夜2時ごろまで一人で作業をしていました。 

そして式当日

f:id:joko0108:20181106001144j:plain

朝6時に起きて、両親とともにホテルの部屋で風船づくり。(外注すると少ないうえに、結構高いので持ち込むことにしたのでした。)

風船のせいでタクシーには乗れず、僕一人で大量の風船を持ったまま式場まで歩いていって、最終のスピーチ準備などをしていました。

 

ここからはゲストの方々が撮ってくれた写真でお伝えしますね!僕のカメラを使って撮ってくれた方がいらっしゃって本当に助かりました。

f:id:joko0108:20181106001132j:plain

色々と準備したウェルカムグッズたちのほとんどがハンドメイドです。この前作ったウェルカムボードも良い位置に飾れてよかった。

f:id:joko0108:20181106001129j:plain

ウェルカムドールはもちろん、ひつじのメイプル!かわいいいい!

ちなみにメイプルのドレスとタキシードは僕の母親に発注したら数日で作ってくれました。すごい!

f:id:joko0108:20181106001145j:plain

どんぐりトトロは奥さんの手作り。季節感が出てかわいいね。

f:id:joko0108:20181106001127j:plain

さらに、大きなメイプル(メイちゃん)も!姪っ子たちや新婦の友人たちに大人気でした。もふもふ。

いよいよ式の開始です

花嫁さんの準備が完了することには、既にゲストが集まっていました。

f:id:joko0108:20181106001136j:plain

僕たちはチャペル横にある小部屋で、両親含めてのリハーサル。

ドアを入ってスポットライトで一礼して、ゆっくり歩いて、ちょっと待って、振り向いて、新婦父と一礼して、前方を向いて腕を組んで、階段では手を取って...と細かな動作がたくさんあって覚えきれません!!!

(実際には、本番のときに神父さんが小声で「ここで一礼してクダサイネ」と教えてくれるので大丈夫っ)

f:id:joko0108:20181106001130j:plain

笑顔で写真は撮れているけれど、頭の中はリハーサルの内容を必死に覚えようとしています。緊張やばい。どこで一礼するのか分かんない!

f:id:joko0108:20181106001134j:plain

僕たちが小部屋でリハーサルをしている頃、チャペルに集まったゲストたちはオープニングムービーを見ていました。

「ユー・レイズ・ミー・アップ〜♪」っていう曲が流れるとそれだけで会場の空気ができあがりますね。

最初は小さく映っているだけなのですが...

f:id:joko0108:20181106001137j:plain

最後にはこんな感じにぶわっと大画面に!

ちょっとしたプロジェクションマッピングっぽくて、エンジニアの僕は会場見学に来たときにとっても気に入りました。

(新婦が小さな頃の写真が表示されたりして、ご両親は既に涙目だったとか。うんうん、これは感動するよね。)

f:id:joko0108:20181106001153j:plain

新郎の僕が入場。

ここで初めてゲストの方々に会うわけですが、顔を見ると感動とか緊張とかで頭が真っ白になりそうだったので、ひたすら前方の十字架を見て歩きました。

(すでに感動で喉の奥があついぞ)

f:id:joko0108:20181106001126j:plain

続いて新婦の入場。

ああぁ〜もう父娘の表情とかお義母さんの表情とか、じっくり見ると僕が泣いちゃうのでみれませんでした。けど、もう感動しかない。思い出しただけでもうるっとくる。

お義父さんが新婦の腰を押して送り出す みたいなところがあるんですが、動画で見返すだけで泣きそうになる。

f:id:joko0108:20181106001128j:plain

その後みんなの前で近いのキスをするわけですが、不思議と恥ずかしくありませんでした。というか、目の前の奥さんしか視界に入らないんですよね。

(鼻の下にしちゃった気がして、位置を直したのはバレてたかな?)

自分の名前を書くときに手が震えていたのを覚えています。

f:id:joko0108:20181106001150j:plain

というわけで、挙式が無事に完了しました!

f:id:joko0108:20181106001141j:plain

披露宴

開始のスピーチしたり、スピーチしていただいたりして...

f:id:joko0108:20181106001135j:plain

ケーキ入刀!母親からのラストバイトと新郎新婦同士でファーストバイトなどしました。どれも楽しい!

f:id:joko0108:20181106153534j:plain

新郎の父によるプロフィールムービーの再生作業も上手くいきました!僕たちは中座して退場していたけど、不安で部屋の外からこっそり覗いていました。

いやぁ、イチからのムービー作成は本当にすごく大変でしたが、会社の方からも「今まで見た中で一番良かった〜!」とか「作るのすごい大変だったでしょ〜!」って言ってもらえて作った甲斐があったなぁ。

プロフィールムービー自体や、作成の感想とかコツなんかはまたの機会にこのブログでご紹介しようかと思います。今後誰かがムービー作成チャレンジする時のヒントになれば嬉しいですね。

 

しばらくしてピアノの時間です。

f:id:joko0108:20181106001149j:plain

司会さん「感謝の気持ちを込めて新婦からピアノの演奏です〜!」

ってことで、奥さんがクラシックとジャズを演奏。

やっぱりピアノが上手なのっていいね。結婚式前も休日の午前中にピアノの音が響いている中、僕はムービーの編集をしていたり優雅な時間を過ごしていました。

 

さて...

二曲目の途中で、カメラを持っておもむろに立ち上がる新郎。

みんなが新婦のピアノに目線を向ける中、真横で新婦と自撮りをしました。ゲストの視線を感じた僕。

きっとこう思ったことでしょう「えっ新郎ここでも写真撮るの?」って。

 

二曲目が終わり拍手喝采の中、僕は後ろに隠してあった椅子を手に取ります。

 

「よいしょ...ふぅ〜...」

大きな深呼吸をしてみせた僕。

みんなからは「えっ?」「うそっ!」っていう声が聞こえてきました。

 

そうなんです!ムービーや小物作成作業に追われながらも、ドレミを書き込んでもらった楽譜を見ながら毎日奥さんと練習してきたのです。

f:id:joko0108:20181106001152j:plain

Over the Rainbow(サーム ウェアー オーバザ レインボ〜♪の曲)

つたない演奏だったし、二箇所くらい間違えかけたけどなんとか上手に弾くことができました!

当初は僕一人のソロの予定だったんですが、ソロで演奏するほどの技量は無くてですね。連弾にすることで、横で奥さんがフォローしてくれてミスも目立ちづらくなって、豪華になって大成功でした。これこそ夫婦での助け合いですね。

(僕の出番も作ってくれてありがとう!)

連弾 Sing Sing Sing も練習しかけたけれど、難しすぎて僕が2日で挫折したのは秘密。

 

新婦や新郎父や僕からのスピーチが続いてお開きとなりました。 

f:id:joko0108:20181106001133j:plain

 すっごく緊張して、すっごく笑って、ちょっとだけ涙しそうにもなった結婚式。本当に夢のような時間でした。キラキラしすぎて夢のようでした。

帰り道、奥さんとは「本当に式終わったんだよねー!」「うん、もう式のアイテム探さなくていいんだよ〜」って冗談を交わしてましたが、みんなに撮ってもらった写真を見返すことで「結婚式、ちゃんとやったね!」って確認しあっています。へへへ。

プロカメラマン撮影の写真は後日送ってもらえるとのことで、それも楽しみ!

 

ということで、軽く報告する程度のつもりが結構な文量になっちゃいましたが「無事に結婚式をしてきたよ!」っていうご報告でした。

 

 

これまでの様子などはこちら↓から!

www.monomono-blog.com

【レーザーカッター地図】エンジニアらしい結婚式アイテムを自作しました!#1

f:id:joko0108:20181101215916j:plain

結婚式のウェルカムスペースに飾るアイテムなんてAmazonで調べてみると山程出てきますが、ここはエンジニアらしいものを自作することにしました。

(といっても業務ではプログラミングが主で、画像とかレーザーカッターとかは使わないので「エンジニアっぽい、趣味の制作物」です!)

f:id:joko0108:20181101220025j:plain

ということで作ったのは、紙でできた地図のオブジェ。1枚20円の画用紙を切り抜いて道路を表現するわけです。

切り抜き作業自体はレーザーカッターを使用しました。

... 

「なんだい、お前さん。手で切るんじゃねぇのかい!それならば、ちょちょいのぱっぱ、たやすいDIYってことかい?

えぇ、僕もレーザーカッターを使えば簡単に作れると思ってましたよ。

「いいや、べらぼうに手間がかかってるんですぜ!」

 

ということで、2記事に分けてめっちゃめちゃ大変だったその様子をご紹介します。

「よーし!自分もレーザーカッター使って地図作るぞ!」っていう人はなかなかいないと思いますが、そいういう稀なチャレンジをしようと考えている人の参考になればと思います!

アイデアとして浮かんだものを実際に作ってみることで、ものづくりの大変さを実感することができますね!笑

カットデータを作ろう

f:id:joko0108:20181102000027j:plain

こちらが道路部分のデータです。ブログ用に縮小してありますが、元は3000x3000pxのpngで6MBもありました。(赤色にしてあるのは、後で画像をトレースしてベクター画像へ変換しやすくするためです)

レーザーカッターを使うには、ベクター形式のデータを用意する必要があるので以下のような手順で準備しましょう。

  1. SnazzyMaps というサイトでGoogleマップから道路だけをハイライトした画像をDLする。
  2. IllustratorやInkscapeで1の画像を自動トレース。

手順としてはこれだけ。...なのですがめちゃ大変です!!!!!!!!

(数時間かけて行うことになりました。)

f:id:joko0108:20181102000729p:plain

「地名の文字を非表示にする、残したい道路に赤色など濃い色をつける」とカスタマイズするのですが、思ったとおりに色がついてくれなかったり試行錯誤しながら進めることになります。

ここが第一挫折ポイントですね!心が折れそうになりました。

なんとか地図をDLできたら、ベクター形式にするためにトレースするわけですが...地図画像の解像度が良すぎるためにトレース処理がとてももたつきます。MacBookProでさえしばらくフリーズ状態になりました。

「あぁ、こんな状態で作り上げることができるのだろうか」

出来上がりは30x30cmサイズを想定していたので詳細な地図にしたのですが、詳細にしすぎたのが良くなかった。

※データが細かいと編集作業も大変、レーザーカッターも大変、その後も大変!なので細かな道路が表示されないくらいに地図を縮小してから画像として保存するとよいでしょう。

さて、ここまでたどり着いてデータを作成することができたらいよいよカットです!

レーザーカッターで切り抜こう

f:id:joko0108:20181101215928j:plain

画用紙をこのようにセットしてデータに沿って切り抜きます。切り出す部分は細い線が多いので、一応マスキングテープで固定してずれないようにしておきました。

f:id:joko0108:20181101215929j:plain

ウィーンウィーンと動くこと約2分。

f:id:joko0108:20181101215930j:plain

なにか切り出せましたね!

f:id:joko0108:20181101215931j:plain

手前に持ち上がっている細い部分が線路です。

f:id:joko0108:20181102121526j:plain

こんなかんじに道路と線路の複数層のレイヤーに分けて作ることにしています。なんという適当な設計図...!

 

とりあえず単純な線路レイヤーを作ってみて...

  • ちゃんと切り抜けているか(←振っただけで落ちるくらいに切り抜けている必要があります)
  • レーザーカッターによる焦げ付きは大丈夫か

などを確認しました。

レーザーカッターの前に立って、微調整などして、ここまでで1時間ほど。有料のレンタルスペースでやっていたらかなりの金額になっちゃいますね。

しかし、ここからが本番なのです

レーザーカッター地図の道のりは厳しい

f:id:joko0108:20181102002144j:plain

この赤枠内の道路を切り出していくのですが、主要道路だけではなく相当細い路地まで切り抜くデータを作ってしまったのです!

「どうせ作るなら細かくしたほうが見栄えいいだろうなー」っていう安易な考え。

f:id:joko0108:20181101215934j:plain

そしてこちらが、レーザーカッターで切り抜きをスタートして40分経った様子。

f:id:joko0108:20181101215932j:plain

「この精密さでござる!」

一軒家でさえも表現できているレベル。1mm四方よりも小さな切り抜きがたくさん空いています。

えぇ、詳細すぎる地図データにしてしまった僕が悪いんです。

f:id:joko0108:20181101215917g:plain

レーザーカッターくんは、途方もない作業でも文句一つ言わずに作業してくれます。

ただ、もくもくと。もくもくと。

1秒で4個の四角形を切り抜くくらい早く動いているにもかかわらず、全く終わる気配がありません。

f:id:joko0108:20181101215933j:plain

僕は見守ることしかできないのだ。

f:id:joko0108:20181101215935j:plain

90分経っても終わらない。やばい。

でもここまで来たらもう止められない。

終わるのを待つしか無いんだ。

※こういうの、いわゆる「コンコルド効果」ですね。積み重ねたからには後に引けないっていうね。

f:id:joko0108:20181101215937j:plain

「がんばれ!がんばれ!(はやくおわってくれ〜!)」

f:id:joko0108:20181101215936j:plain

人の手では不可能なディティール。まさに神業!紙だけに...

f:id:joko0108:20181101215928j:plain

元は単なる画用紙ですよ。それがこんな芸術品になるとは!

f:id:joko0108:20181101215939j:plain

結局開始してから2時間以上かけて、やっと切り抜きが完了しました。 

f:id:joko0108:20181101215941j:plain

いざオープン!

f:id:joko0108:20181101215940j:plain

「ウォぉぉぉぉぉ〜!すんごいすんごい!」

まさに息を呑む程の精密さ。

f:id:joko0108:20181101215918g:plain

持ち上げると切り抜いた部分が抜け落ちます。すごい。

f:id:joko0108:20181101215922j:plain

下町あたりを見てみると、1円玉サイズの中に100個くらいの四角形の穴がくり抜かれています。思わずその場にいた人と「まじやばいですよね!」って興奮してました!

(夜まで僕は何を作ってるんだ?!と謎の心境に。)

 

f:id:joko0108:20181101215927j:plain

ちなみに裏面はレーザーによるコゲがちょっとだけついていました。

家に持って帰ってきました

f:id:joko0108:20181101215921j:plain

折れないよう気をつけて自宅に持ち帰ってきました。

f:id:joko0108:20181101215920j:plain

持ってくる間にも小さな家が(紙の破片が)剥がれて落ちていっていました。

f:id:joko0108:20181101215925j:plain

軽く降るだけでぽろぽろと。

f:id:joko0108:20181101215924j:plain

レーザーカッターで切り抜いたとはいえ、微かに引っかかっています。大きな切れ端は、紙を降れば落下するのですが一部は全然落ちないのです。

f:id:joko0108:20181101215926j:plain

「そうか、残った切れ端を剥がしていく作業が必要なのか...」

想定外の作業が発生して今日中に終わる気配がしないので、この日は一旦ここまで!

次回の記事では、破片取りの苦労と額縁への組み立て作業をして完成までたどり着きます!

 

【AnkerのSDカードリーダー】SDを二枚同時に読み込めるようになって作業が捗る

f:id:joko0108:20181020011247j:plain

AnkerのSDカードリーダーを購入しました!

f:id:joko0108:20181020011235j:plain

というのも僕のMacは最近不機嫌になりがちで、本体のSDカードリーダーにSDを刺しても認識しないことがあったのです。

認識状態で使っている時に、突然「SDカードが抜かれました」ってなることがあってデータが破損しないかドキドキしてました。

せっかく撮った写真が一気に破損してしまったら...と考えると不安で不安で夜も眠れません。

そんな悲惨なことになる前に対策をするのです...!

Anker USB-A 2-in-1 カードリーダー

f:id:joko0108:20181020011236j:plain

「お久しぶりです。ANKERです!」

f:id:joko0108:20181020011237j:plain

わーめちゃシンプル。いつもよりシンプル。

f:id:joko0108:20181020011241j:plain

カードリーダーとペラペラの説明書だけでした。

(それでもHappy? Not Happy?の紙は入っていますね)

f:id:joko0108:20181020011238j:plain

ということでこちらが本体です。表面がテカテカしていていい感じ!

ですが、どうしても指紋の跡が残ってしまいそう...マットなデザインにしてほしかったなぁ。

f:id:joko0108:20181020011239j:plain

microSDとSDカードを同時に入れて読み込むことができます。

「フォトウォークをするときにはカメラ二台持ち」の僕にとってはSDカードを抜き差ししなくても良いのが便利!

(どうでもいいんですが、MicroSDの表記はmicroSDの間違いなのでは...?)

www.monomono-blog.com

f:id:joko0108:20181020011243j:plain

さっそく刺してみましょう!

えぇ、何の変哲もないSDカードリーダーでした

f:id:joko0108:20181020011244j:plain

二枚刺した状態がこちらです。

f:id:joko0108:20181020011245j:plain

SDがはみ出る分片側にスペースが必要です。USBハブを使っている場合には刺し位置は工夫がいりますね。

f:id:joko0108:20181020011246j:plain

ちなみにSDカードは裏側(端子面)が中央に来るように刺します。慣れるまでは表裏間違えそうかも。

f:id:joko0108:20181020011248j:plain

不安定になってしまったMacのリーダーを使っていてデータ損失する前に、1300円のカードリーダーで事故防止したお話でした!

www.monomono-blog.com