ものものブログ

ものものブログ

買ってよかったもの、毎日の生活の向上、デジタルガジェットについて、たくさんの写真で紹介するブログです。

【KINTOの期間限定ショールーム】で僕の好きな雑貨ブランドの製品にじっくりと触れてきました!

f:id:joko0108:20180415234904j:plain

このブログでも紹介していた生活雑貨ブランド「KINTO」(キントー)のショールームが期間限定で公開されているということで早速行ってきました!

KINTOの製品ってどれもこれも本当に僕の好みのど真ん中なんです!!!!それなのにリーズナブルなので、気に入ったら割と気軽に購入することができます。嬉しい嬉しい。いくらお洒落でも手が届かなかったら意味ないですもんね。

よく使うものこそ、本当に気に入っている物で揃えると生活が楽しくなるのでおすすめです。

 

【ここでショールーム情報】

  • 今回訪れたのは 2018年4月13日(金)、14日(土)
  • 次回オープン予定日は 2018年6月15日(金)、16日(土)

基本的には毎月1回、金と土曜日に開催とのことです。最新のショールーム情報はKINTOの公式ページをご覧ください。

目次

KINTOのショールーム@恵比寿

f:id:joko0108:20180415232357j:plain

「私は今、KINTO東京オフィスに来ております!」

KINTOの本社は滋賀県でして、ここは東京オフィス。恵比寿駅のすぐ近くに位置しています。GoogleMap

f:id:joko0108:20180415232358j:plain

土曜ということもあってひっそりとしたオフィスビル。

f:id:joko0108:20180415232407j:plain

9Fに入っています。エレベーターで登りましょう。

f:id:joko0108:20180415232359j:plain

エレベーターを降りると、KINTOオフィスのドアが!ショールームはこっちじゃなくて別のドア。

f:id:joko0108:20180415232408j:plain

エレベータの真ん前に案内板が置いてあったので迷うことはありませんでした。

ショールームへの扉をそっと開けてみると...

f:id:joko0108:20180415232400j:plain

「おーっ!すごく綺麗!」

さすがKINTO。ナチュラルな素材でまとめられたショールームとなっていました。誰も居なかったらどうしよう...と心配していたけど、ちょうど良い混雑具合でしたね。きっとみんなKINTOファン。

f:id:joko0108:20180415232401j:plain

広さはこのくらいです。KINTOだらけでテンション上がりますね!!!!

普段、雑貨屋などでKINTO製品を手に取ることはあってもここまでの商品数を一度に見られることはありませんでしたから嬉しいです。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

会場内の雰囲気。久しぶりに全天球カメラを駆使してみました!

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

別アングルから。

うん!やっぱりTHETAって楽しいですね!

常にバックパックに入れて持ち運んでいるんですが持っていることを忘れてしまって後々「撮っておけばよかった..!」と思うことが多々あるのです。今後はもっと活用していきたいものです。

f:id:joko0108:20180415232404j:plain

板張り風の床。

f:id:joko0108:20180415232406j:plain

f:id:joko0108:20180415232402j:plain

椅子がたくさんあったので、2人で来場して(僕みたいに写真撮影に集中しちゃって)片方が待たされることになっても大丈夫です。

f:id:joko0108:20180415232405j:plain

普段は来客用の受け付けとかなのかな。めちゃめちゃおしゃれ。我が家にもこういうスペース欲しいなぁ。

f:id:joko0108:20180415232403j:plain

f:id:joko0108:20180415232409j:plain

ウェルカムドリンクを頂きました。ルイボスティー。コップはもちろんKINTO製品!

コップ類って雑貨屋で手に取るだけではわからないことってあるんですよね。

  • コップの口当たりはどうなのか。
  • 飲料を入れた時に手に伝わる温度はどうなのか。

...などなど。KINTOの食器しか扱わないっていうコンセプトのカフェができたらいいのになー。

このガラスカップは優しい口当たりでとても気に入りました。ただ、がぶ飲みする僕にとっては80mlだと容量が少ないかな。

ショールーム内をぐるっと紹介

f:id:joko0108:20180415232421j:plain

端から気になる商品をピックアップしていきます、

f:id:joko0108:20180415232411j:plain

「これ持ってる!我が家に二個ある!」

手触りが気に入って購入済みのマグカップ、いつもお世話になっています。

f:id:joko0108:20180415232413j:plain

大きさは3種類ありました。

f:id:joko0108:20180415232412j:plain

お茶っ葉入れ。

f:id:joko0108:20180415232414j:plain

ガラスの急須。

f:id:joko0108:20180415232416j:plain

今回一番気になったのがこちら!

水耕栽培用のガラスの花瓶。水やりを忘れて枯らしてしまうことが何度かあった僕でもこれなら育てられるかも...!

↑の写真だけだとイメージが沸かないけど、実際見るとめちゃめちゃ良いです。

f:id:joko0108:20180415232418j:plain

続きまして、ガラスの食器類です。

f:id:joko0108:20180415232419j:plain

どれもこれも気軽に購入できるお値段でありがたい!

f:id:joko0108:20180415232420j:plain

最初に飲ませてもらったルイボスティーのやつのサイズ違いがありました。ペットボトルの烏龍茶を入れたとしても高級な味わいになりそうです。容量は350mlなので缶ジュース1本と同じですね。これなら容量に満足。

f:id:joko0108:20180415232423j:plain

こっちはジュースとかビールにも使えますね。二重構造なので熱いものを入れても持てる、冷たいものを入れても結露しづらいというメリットがあります。

f:id:joko0108:20180415232422j:plain

「シリーズぜんぶ僕にください!」

 

f:id:joko0108:20180415232424j:plain

積める保存容器。蓋までガラスなのがポイント高い。

f:id:joko0108:20180415232426j:plain

f:id:joko0108:20180415232428j:plain

ビンみたいな保存容器。使いどころは難しそうかも...。

f:id:joko0108:20180415232425j:plain

KINTOのカトラリーもあるんですね!

 

f:id:joko0108:20180415232429j:plain

f:id:joko0108:20180415232432j:plain

表面はツルツル真っ白でどんな料理も綺麗に見えそう。

f:id:joko0108:20180415232430j:plain

実は国産。

f:id:joko0108:20180415232433j:plain

裏面は少しざらっとした素材で触り心地良かったです。最近ケーキ皿を探していたのですが、これが第一候補になりました。

f:id:joko0108:20180415232436j:plain

KINTOの優しい色使いがすごく好きです。

 

f:id:joko0108:20180415232437j:plain

f:id:joko0108:20180415232441j:plain

KAKOMIという名の炊飯土鍋。

f:id:joko0108:20180415232440j:plain

二重蓋。

f:id:joko0108:20180415232439j:plain

直火でお米を炊いてみたい...!

↓IH対応鍋も。

f:id:joko0108:20180415232410j:plain

f:id:joko0108:20180415232508j:plain

「気に入った商品があった場合はショールーム内にあるMacから注文するか、スマホで購入してくださいね!」とのことでした。オフィス併設のショールームということで、ここで購入して商品を持ち替えるということはできません。

f:id:joko0108:20180415232516j:plain

KINTO雑誌を読む僕。

f:id:joko0108:20180415232442j:plain

こちらはもうすぐ発売予定の...

f:id:joko0108:20180415232443j:plain

デスクタンブラー。

f:id:joko0108:20180415232444j:plain

カラバリが豊富です。

f:id:joko0108:20180415232445j:plain

オフィスのデスクなんかで使いやすいように作られています。表面素材はプラスチック。

f:id:joko0108:20180415232446j:plain

フタが...

f:id:joko0108:20180415232447j:plain

こうやってペロッと...

f:id:joko0108:20180415232448j:plain

180度開きます!

飲みたい時にいちいち回さなくて良いのでまさにオフィス向き。ちょっとふたしておきたい時に使いやすいですね。KINTOの方が「この蓋の調整を最後までおこなっていました」とおっしゃっていました。

完全密封ではなさそうなので満員電車でカバンの中に入れて持ち運ぶことは難しそうです。

オフィス内での使い方に振り切っていて良いと思います!

f:id:joko0108:20180415232449j:plain

蓋をねじると外す事ができます。中はステンレスの二重構造なので保温性もあり。

f:id:joko0108:20180415232450j:plain

で、結構重要なのが蓋部品。完全密閉ではない代わりに、ここがシンプルにできているおかげで使った後に洗うのが楽そうです。水筒みたいにパッキンが2つあったり、凹凸が多いと洗うのが大変なんですよね。

 

f:id:joko0108:20180415232452j:plain

コーヒードリッパー三兄弟。

f:id:joko0108:20180415232453j:plain

f:id:joko0108:20180415232455j:plain

カップが乗せられているだけかと思いきや...

f:id:joko0108:20180415232454j:plain

f:id:joko0108:20180415232456j:plain

上の段はメッシュ部品が入っています。

f:id:joko0108:20180415232457j:plain

この蓋部品は、ドリップし終わった上段の受け皿としても使えるようになっていました。なるほど。

 

f:id:joko0108:20180415232458j:plain

シルエットに一目惚れするタンブラー。こっちは密封性あり。表面の塗装がザラッとしていて手触りバツグンです!

 

f:id:joko0108:20180415232506j:plain

f:id:joko0108:20180415232501j:plain

ケトル、やかん。手にとった時のフィット感が良い。

f:id:joko0108:20180415232502j:plain

f:id:joko0108:20180415232503j:plain

電気ケトルではありませんでした。(デザインはすごく好きだけど、電気ケトル生活に慣れてしまった僕はもう戻れません...。)

f:id:joko0108:20180415232507j:plain

鋳物のブリューワー。インダストリアルデザイン。理科室の実験器具みたいでワクワクしますね!

f:id:joko0108:20180415232511j:plain

SNS映え間違いないテーブル写真。

f:id:joko0108:20180415232513j:plain

KINTOに関係のない小物でもお洒落に飾ってあって、とても居心地が良かったです。

f:id:joko0108:20180415232512j:plain

ここでショールームを一周しました。ひとつひとつ見ていったら長居してしまいました。

まとめ「KINTOファンならぜひ行こう!」

f:id:joko0108:20180415232515j:plain

どれもこれも本当に好きなデザインばかりで、ますますKINTOが好きになったショールーム見学でした。新商品発売も楽しみです!(どれ買おうかな...わくわく)

基本的に月に1回(金・土)なので公式ページをチェックして狙って訪れてみてはいかがでしょうか!